メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

憲法裁判所

関連キーワード

  • タイの憲法裁判所(2008年09月10日 朝刊)

    97年に制定された憲法で設立された。法案や勅令の合憲性の審査に加え、大臣や議員の資格・資産公開制度違反について判断し、政党法事件では政党の解党を命じることができるなど強い権限を持つ。判事には法律家以外に学者や行政出身者が選ばれ、上院の承認を得て国王が任命するという制度もあって、政治的に中立とはみられないこともある。

  • 韓国の憲法裁判所(2017年01月28日 朝刊)

    9人の裁判官のうち、3人は大統領が直接指名し、任命する。残る6人のうち、3人は国会、3人は大法院長(日本の最高裁長官に相当)が選び、大統領が任命する。任期は6年。法律の違憲決定や弾劾決定、政党の解散決定には裁判官6人以上の賛成が必要になる。

  • タイ総選挙(2011年07月01日 朝刊)

    2006年のクーデターでタクシン元首相は失脚したが、07年の総選挙でタクシン派の「国民の力党」が第1党に。ところが08年に憲法裁判所が選挙違反を理由に解党命令を出し、タクシン派政権が崩壊、民主党政権が発足した。今回選挙はタクシン氏の妹インラック氏を首相候補とするタイ貢献党と、アピシット首相率いる民主党が激突する構図となっている。

最新ニュース

写真・図版

カタルーニャ元州副首相に禁錮刑 独立投票巡る対立激化(2019/10/15)有料記事

 スペイン最高裁は14日、北東部カタルーニャ州の同国からの独立を問う住民投票を2017年に強行したとして、反乱罪などで当時のジュンケラス州副首相に13年の禁錮刑を言い渡した。独立を支持する住民は抗議し…[続きを読む]

憲法裁判所をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ