メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

懲戒請求

関連キーワード

  • 弁護士の懲戒請求(2014年10月11日 夕刊)

    弁護士は弁護士会に所属することが弁護士法などで定められ、会則に違反した場合などに懲戒処分を受ける。弁護士会は依頼者らからの懲戒請求を受けるとまず、綱紀委員会が対象会員に事情を聴く。審査が必要となれば懲戒委員会が懲戒処分にすべきかどうかを決める。処分は重い順に除名、退会命令、2年以内の業務停止、戒告。

  • NHKの取り調べ映像放映問題(2014年02月07日 夕刊)

    兄弟間の傷害致死事件の取り調べの様子をNHKが昨年4月、近畿圏の報道番組で放送。これに対し大阪地検は同5月、開示証拠を他人に渡すことを禁じた刑事訴訟法の規定に触れたとして、弁護士を懲戒請求した。NHKは同9月にも同じ映像を「クローズアップ現代」で全国放送した。

  • 番組での光市母子殺害事件をめぐる発言(2014年03月01日 朝刊)

    2007年5月27日に放送された読売テレビの「たかじんのそこまで言って委員会」で、山口県光市母子殺害事件の大月(旧姓・福田)孝行死刑囚(32)が新たな弁護団がついた後に殺意の否認に転じた点について、橋下徹氏が「許せないって思うんだったら、一斉に弁護士会に対して懲戒請求をかけてもらいたい」と発言。ほかの出演者も「週刊誌は(弁護団)全員の顔写真と名前を出したったらええねん。ついでに住所も書いたれ」「ドアホ」「馬鹿者」などと発言した。計7千件を超える懲戒請求が寄せられた弁護団は、裁判で日常生活を妨害されたと主張した。

最新ニュース

投稿者の情報開示認めず 懲戒請求された弁護士、控訴へ(2019/4/19)有料会員限定記事

 朝鮮学校への補助金交付を求める声明などを出した各地の弁護士会に大量の懲戒請求が寄せられた問題で、東京弁護士会所属の佐々木亮弁護士が大阪市のサーバー管理会社に対し、ブログで懲戒請求を呼びかけた投稿者の…[続きを読む]

懲戒請求をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ