メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月12日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

安倍政権の成長戦略

関連キーワード

  • 成長戦略(2013年06月22日 朝刊)

    安倍政権が打ち出した経済政策「アベノミクス」の3本の矢のうち、大胆な金融緩和、機動的な財政出動に続く政策。14日に閣議決定された。「思い切った投資減税で法人負担を軽減する」などのやり方で企業収益を拡大し、1人あたりの国民総所得(GNI)を10年で150万円以上増やすといった目標を盛り込んだ。規制緩和で企業活動を刺激することなどが柱になっている。

  • 国交省の成長戦略会議(2010年02月16日 朝刊)

    昨年10月に置かれた有識者会議。2月5日に航空分野について「論点整理」を示した。伊丹空港を都市近接型空港とし、国際線を含む「フル活用」を打ち出す一方、環境(騒音)対策費の見直しや運用時間拡大に地元の協力が得られなければ「中期的には廃港も視野に入れる」とするなど、両論併記した。関西国際空港会社の有利子負債は「成田など既存空港を民営化し、その上場益などで債務を解消し、身軽にして運用する」との意見が出た。伊丹空港などに独立採算や民営化を求める方向で、一元管理と逆の考えを示している。

  • 成長戦略(2011年01月27日 朝刊)

    医療・介護・健康関連産業を育成し、日本発の革新的な医薬品、医療技術の開発などで雇用の創出を目指すことが盛り込まれた。厚生労働省は未承認薬などの混合診療のほか、2008年度に導入した高度医療評価制度の手続きの簡素化を、一定の条件を満たした医療機関に限って認めることを検討している。同制度は先進医療の一種で、大学の研究者らが開発した薬の候補物質などを使う臨床試験を、公的医療保険と患者の負担による混合診療で行える制度。*医療サイト・アピタルに、意見交換や交流ができる「読者ひろば」を開設しています。

最新ニュース

写真・図版

「財界総理」異例の途中交代 退任意向は4月13日(2021/5/11)会員記事

 「財界総理」の中西宏明氏(75)が、健康上の理由から任期を1年残して退任することになった。異例の会長交代となった経団連は、政策への影響力や存在感を高められるか。後を継ぐ十倉(とくら)雅和氏(70)の…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&TRAVEL】なぜ「進撃の巨人」の聖地?

    大分県日田市を巡る

  • 写真

    【&TRAVEL】今年も、静かに深まりゆく緑

    京都ゆるり休日さんぽ 番外編

  • 写真

    【&M】「レクサスはつまらない」

    酷評された屈辱をバネに

  • 写真

    【&w】故郷を飛び出して15年。

    母と娘の物語

  • 写真

    好書好日作家・岡崎琢磨さんの新展開

    ただの恋愛小説ではない仕掛け

  • 写真

    論座崩れた慰安婦運動の聖域

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンアメリカ大統領選で見えた

    社会の表と裏。 ナオキマン

  • 写真

    Aging Gracefullyプレゼントキャンペーン実施

    女性たちを応援するアイテム

  • 写真

    GLOBE+ウイグルの人権問題、漫画で

    作者「怖かったけど、天命」

  • 写真

    sippo死後もペットを守るために

    エンディングノートの活用を

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ