メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

戦国時代

関連キーワード

  • 庄内海岸砂防林(2014年10月20日 朝刊)

    全国屈指のクロマツ人工林で「日本の白砂青松100選」にも選ばれた。長さ33キロ(遊佐町吹浦〜鶴岡市湯野浜)、幅1・5〜3キロ、面積約2500ヘクタールに及ぶ。元々あった自然林が戦国時代の戦乱などで荒廃。飛砂に苦しめられた人々が18世紀から植林に取り組んだ。

  • 富田林・寺内町(2009年01月09日 朝刊)

    16世紀中頃の戦国時代、興正寺別院を中心に町衆が協力してつくった自治都市。江戸時代以降は近くを流れる石川の水運を利用した商業地として発展し、地域の経済や文化の中心地として栄えた。今も戦国時代の町割りを残し、江戸から昭和初期にかけて建てられた町家などの建物は町内の約4割に達する。97年に府内で唯一、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定された。

  • 人間将棋(2009年04月25日 朝刊)

    毎年4月、将棋駒生産日本一の天童市で催されるイベント。戦国時代の兵士や腰元を模して甲冑を着た人間が駒となり、プロ棋士の指示で対局を進める。豊臣秀吉が、伏見城(京都)で、小姓と腰元を将棋駒に見立てて将棋を楽しんだ故事に由来がある。天童では56年に「将棋野試合」として始まり、67年に「人間将棋」に改められた。

最新ニュース

写真・図版

高知)長宗我部フェス 発砲音響く火縄銃実演(2019/5/20)

 高知県南国市岡豊町八幡の県立歴史民俗資料館で18日、戦国時代の武将・長宗我部氏を取り上げた「第10回長宗我部フェス」が開かれた。同フェス実行委員会の主催で毎年開催。地元の保育園児の踊りやステージショ…[続きを読む]

戦国時代をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ