メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

所沢市

関連キーワード

  • 所沢市の育休退園問題(2017年03月29日 朝刊)

    所沢市が2015年4月から「園での保育の必要性が認められない」として、親が育休に入った0〜2歳児を原則退園させた。反発した保護者らは運用差し止めなどを求めて提訴。さいたま地裁の決定は手続きの違法性を一部認めた一方、運用全体の違法性には踏み込まなかった。提訴した保護者の子どもたちは全員通園継続が認められた。所沢の提訴を受け、全国の自治体が育休退園を見直し、政令指定都市で唯一継続していた熊本市も昨年9月に大西一史市長が制度見直しを表明した。

  • 塩原視力障害センターの廃止問題(2010年08月12日 朝刊)

    国が進める事業効率化と利用者の減少などを理由に昨年秋、利用者らに廃止計画が示された。廃止後の13年度以降、同センターは障害者の医療(病泳から訓練まで総合的な支援施設「国立障害者リハビリテーションセンター」(埼玉県所沢市)に統合される。

  • 山田うどん(2014年05月01日 夕刊)

    山田食品産業(埼玉県所沢市)が運営する外食チェーン店。埼玉の93店舗を中心に関東の1都6県に計176店舗を展開する。先代の故・山田裕通氏が、昭和40年代に家業の製麺業から店舗展開に事業を拡大した。出店は郊外の主要道路沿いが中心。うどん・そば(単品240円)と丼ものとのセット(500〜800円台)が定番。

最新ニュース

写真・図版

Around Tokyo(2019/5/27)有料記事

 ■毛細血管を学ぶ@丸の内 「食を通じた毛細血管の健康デザイン」が、東京・丸の内の新丸ビル7階の飲食店フロア「丸の内ハウス」で開かれている。9店舗が毛細血管の老化防止などに効果があるとされるカンパチや…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ