メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

技能実習制度

関連キーワード

  • 技能実習制度(2016年11月12日 夕刊)

    開発途上国の「人づくり」に協力する目的で、最長3年まで外国人を受け入れる制度。実習生には労働基準法などが適用される。2015年は約19万人の技能実習生が滞在。長年、中国が最多だったが、近年ベトナムが急増し、12年の1万6千人から、15年には5万7千人を超えた。

  • 外国人研修・技能実習制度(2012年12月06日 朝刊)

    国際貢献の一環として、企業や団体が途上国から外国人を受け入れる制度で、1993年に始まった。1年間の研修後、技能検定に合格すれば、技能実習生としてさらに2年間滞在できる。出身国は中国が最も多く、次いでベトナム、インドネシアなど。農業、漁業、建設、機械・金属製造などの職種に分かれている。実習生らが実質的に低賃金労働者として扱われているとの批判もある。

  • 外国人労働者の受け入れと研修・技能実習制度(2009年02月16日 朝刊)

    外国人労働者の受け入れは「専門的・技術的分野」に限られており、単純労働者は原則認めていない。国内の労働市場に悪影響が及ぶことなどが理由だ。実質的に単純労働者として使われているとの批判が多い研修・技能実習制度による滞在者は、07年には約17万7千人で03年に比べ倍増。最長1年の研修は受け入れ職種に制限がないが、研修後最長2年の技能実習は繊維・衣服や機械・金属といった製造業や、建設業や農業など計63職種に限られている。技能実習生の8割は中国人だ。

最新ニュース

【外国人技能実生の自立支援・継続的な就労へ】途上国の人材育成に特化したNGO発のプログラムSALASUSU独自の「ライフスキル教育」事業リネットジャパングループ現地子会社にて導入・提供開始(2018/10/16)

リリース発行企業:特定非営利活動法人SUSU “ものづくり”を通じて途上国の人材育成に取り組む特定非営利活動法人SUSU(代表:青木 健太)は、人材の自立支援に向けたライフスキル教育のトレーナー育成サ…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】本人だと気づかない靴の臭い

    靴脱臭機でリフレッシュ

  • 写真

    【&TRAVEL】パキスタンと中国の国境へ

    玄奘三蔵が歩いた道・帰路編

  • 写真

    【&M】まずは気軽に体験しよう

    キャンプ車レンタルの注意点

  • 写真

    【&w】好きな家事は何?

    木村文乃さんに10の質問

  • 写真

    好書好日橋本愛さん、原作への愛

    映画「ここは退屈迎えに来て」

  • 写真

    WEBRONZA人間としての官僚論

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン週末の家飲みおすすめワイン

    魚介にも合う赤ワイン

  • 写真

    T JAPAN連載・この店の、このひと皿

    ヘルシーな台湾スイーツ・豆花

  • 写真

    GLOBE+なぜ私は紛争地に行くのか

    MSF看護師、白川優子さん

  • 写真

    sippo道で野良の子猫を見かけた…

    放置できない、どうする?

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ