メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

抗がん剤

関連キーワード

  • がんペプチドワクチンと有害事象(2010年10月15日 朝刊)

    手術、放射線、抗がん剤に次いで、がんの標準治療法となることが期待される免疫療法の一種。東大医科研で開発されたワクチンは、がん細胞や、がん細胞に栄養を送る血管に含まれるたんぱく質の断片(ペプチド)を、一つないし複数投与して患者の免疫力を利用し、がん細胞を攻撃する仕組み。有害事象は、医薬品を投与された患者や被験者に起きるあらゆる好ましくないできごとを指し、薬との因果関係の有無を問わない。

  • 骨髄異形成症候群(2010年12月15日 朝刊)

    骨髄で血液細胞をつくる造血幹細胞に異常が起きる病気。放射線や抗がん剤などが原因とされ、血球や血小板の形や機能などに異常を起こす。高齢者の発症が多く、貧血などの症状があり、血液検査で見つかることが多い。患者の10〜40%が白血病に進行するとされる。今年、日本でも治療薬が処方できるようになった。

  • 林原(2013年10月03日 朝刊)

    水あめ製造の「林原商店」として1883年に創業。抗がん剤インターフェロンや多機能糖質トレハロースの量産化に成功し、岡山を代表する企業に。美術館や類人猿研究、恐竜化石の発掘などの文化事業にも取り組んだ。会社更生法の適用を申請後、スポンサーに化学品専門商社の長瀬産業(大阪市)が決まり、林原は同社の子会社になった。買収額は700億円。本社があったJR岡山駅南側の土地はイオンモール(千葉市)に売却された。

最新ニュース

写真・図版

微妙な位置にあった大腸がん、一時的な人工肛門に期待(2018/10/23)

■患者を生きる・食べる(内田春菊とストーマ:2) 2015年、日本医科大病院(東京都文京区)で大腸がんが見つかった漫画家の内田春菊さん(59)は、まずは抗がん剤治療を受けることにした。抗がん剤が効いて…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】美食家・魯山人の教えを再現

    424回混ぜた“究極の納豆”を

  • 写真

    【&TRAVEL】パキスタンと中国の国境へ

    玄奘三蔵が歩いた道・帰路編

  • 写真

    【&M】2人が考える服の見せ方とは

    鈴木えみと落合陽一がコラボ

  • 写真

    【&w】無性に食べたくなるタイ料理

    おんなのイケ麺

  • 写真

    好書好日美人姉妹と火山の奇妙な関係

    温泉地奇譚「噴煙姉妹」刊行

  • 写真

    WEBRONZA小泉純一郎から中国への手紙

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン西島秀俊が望んだ“現場” 

    不器用ゆえに掴んだものとは

  • 写真

    T JAPANダレン・ベイダーとは何者か?

    不条理な現代をアートで示す

  • 写真

    GLOBE+aiboは人に問いかける

    ヒトとロボットの快適な関係は

  • 写真

    sippoけがした猫を引き取り治療

    女性が保護活動を続ける理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ