メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月11日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

拒否権

関連キーワード

  • 米国の立法過程(2008年10月01日 朝刊)

    法案は各委員会に送られて審議され、上陰下院の本会議に上程される。同じ法案でも、修正などを受けた結果、上陰下院を通過した内容が異なることもある。その場合は、両院協議会で妥協案をまとめ、上下両院で再び採決する。両院で可決された法案に大統領が署名すれば法律として成立する。大統領は拒否権を持つが、両院が3分の2以上の多数で再可決すれば成立する。

  • 米大統領(2009年01月21日 朝刊)

    国家元首のほか、軍最高司令官や行政府の長、外交の最高責任者を務める。法案の拒否権や戦争遂行権限など絶大な権限を有する。任期は4年。再選は1度だけ可能。資格は米国民として生まれ、満35歳以上で米国に14年以上居住していること。現職が死亡や辞職、弾劾解任などの場合は副大統領が昇格し、残りの任期を務める。

  • 再議権(2010年03月27日 朝刊)

    地方自治法が定めている議会に対する首長の拒否権。条例の制定や改廃、予算に関する議会の議決に異議がある場合、首長は審議のやり直しを求めることができる。議会の議決の送付を受けた日から10日以内に首長は臨時会を招集する。再議に付された議案の可決には出席議員の3分の2以上の賛成が必要で、過半数で決する一般議案よりハードルは高い。

最新ニュース

写真・図版

モンテスキュー「法の精神」 三権分立や法の支配の源流?(2022/8/4)

 権力をふるう王や貴族、宗教者に対し、多くの市民がもの申す民主主義勃興の時代。18世紀フランスの思想家シャルル・ド・モンテスキューは国の権力構造を考えた。主著「法の精神」で示したのは、一国内に複数の権…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】立佞武多と太宰治の五所川原

    旅空子の日本列島「味」な旅

  • 写真

    【&w】ヒールと口紅を欠かさない母

    花のない花屋

  • 写真

    【&TRAVEL】寝ても覚めてもトロピカル

    クルーズへの招待状 ハワイ

  • 写真

    【&M】トンカ豆のビシソワーズ

    「好き」の先にある新たな出会い

  • 写真

    【&w】“美術館”のあかりをおうちで

    スマート照明プレゼント<PR>

  • 写真

    好書好日「カリブ海の天国」なのか

    ホンジュラスの光と影

  • 写真

    論座カルトの献金強要と既成宗教

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンガーデンガストロノミー開催 

    メゾンが提案する価値の本質

  • 写真

    Aging Gracefully“最高の眠り”を求めて

    睡眠の質を向上するアイテム

  • 写真

    GLOBE+眉毛整えもブラ着用も禁止

    子どもを管理対象とみなす日本

  • 写真

    sippo24年ぶりの猫との暮らし

    仲良しの白黒猫2匹を迎えた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ