メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

控訴審

関連キーワード

  • 日本での控訴審のあり方(2009年01月15日 朝刊)

    裁判員が刑事裁判に加わるのは一審だけ。最高裁の司法研修所は昨年11月にまとめた研究報告書で、控訴審(二審)では、市民が加わった一審の結論を出来る限り尊重すべきだと指摘している。一審の判断は「国民の視点、感覚、知識、経験が反映されることになる」というのがその理由で、結論を覆せるのは、「(一審の判断が)明らかに不合理」だった場合に限られると説明している。裁判員制度が始まっても控訴審ではこれまで通り、プロの裁判官だけで一審と異なる判断ができる。そのため、市民が意見を出し合って決めた結論をどう扱うかが、制度の課題の一つとなっている。

  • 諫早湾干拓佐賀訴訟(2009年09月20日 朝刊)

    国営諫早湾干拓事業が有明海の漁場環境を悪化させたとして、佐賀など有明海沿岸4県の漁民らが、国に工事の差し止めや、漁業への影響を調べる開門調査を求めた訴訟。08年6月27日の佐賀地裁判決は5年間の開門調査を国に命じた。国は同年7月10日に控訴すると同時に、当時の農水相が開門調査の可否を判断する環境影響評価(アセスメント)の実施を表明した。一方、福岡高裁では控訴審の審理が続いている。

  • マルヨ無線事件(2015年04月15日 朝刊)

    1966年12月、福岡市の電器店「マルヨ無線川端店」に2人組の強盗が押し入り、店員2人の頭などをハンマーで殴り、売上金約22万円を奪って逃走。店が炎上し、店員1人が焼死した。尾田信夫死刑囚は、当時17歳の少年とともに逮捕、起訴され、強盗殺人、放火などの罪に問われた。一審判決は尾田死刑囚が死刑、少年は懲役13年(控訴審で確定)。尾田死刑囚は70年に上告が棄却され、判決が確定した。

最新ニュース

名誉棄損、二審もテレ朝に賠償命令(2018/7/13)

 「放火犯と決めつける報道で名誉を傷つけられた」として、埼玉県久喜市の元住職の男性の遺族がテレビ朝日に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が12日、東京高裁であった。中西茂裁判長は名誉毀損(きそん)を認め…[続きを読む]

控訴審をコトバンクで調べる

写真

  • 海外から帰国し、成田空港で車に乗り込んだ松本智津夫死刑囚。車外には警護役の井上嘉浩死刑囚が立っていた=1989年12月、鎌田正平撮影
  • 車に乗り込んだ松本智津夫死刑囚。外には井上嘉浩死刑囚がいた=1989年12月、鎌田正平撮影
  • 拘置尋問を終え、東京地裁から警視庁に戻るオウム真理教事件の松本智津夫被告(当時)=1995年9月25日
  • 東京・杉並のオウム真理教道場で記者会見する松本智津夫代表(当時)=1990年10月
  • 強制捜査のため、エンジンカッターを使って第6サティアンの扉を切る捜査員。この日、松本死刑囚が逮捕された=1995年5月16日、山梨県上九一色村
  • 強制捜査のため、エンジンカッターを使って第6サティアンの扉を切る捜査員。この日、松本死刑囚が逮捕された=1995年5月16日、山梨県上九一色村
  • 死刑が執行された松本智津夫死刑囚=1990年10月、東京都杉並区
  • 東京地裁から警視庁に戻る、オウム真理教の松本智津夫(麻原彰晃)被告(当時)=1995年6月16日、東京都千代田区霞が関
  • 逮捕され、警視庁へ護送のため、警察車両で出発するオウム真理教の松本智津夫(麻原彰晃)代表=1995年5月16日、山梨県上九一色村(当時)
  • 死刑が執行された松本智津夫死刑囚=1990年、東京都杉並区
  • 控訴審判決を受け、「不当判決」などと掲げる原告住民と弁護士=4日午後3時2分、金沢市、加藤諒撮影
  • 和解成立後、記者会見する寺沢泰樹さんと仲子さん=仙台市
  • ニュージーランドのアーダーン首相
  • 『ポピュリズムと司法の役割 裁判員制度にみる司法の変質』
  • (左から)ジュディさん、ナリンさん、妻のファルハさんとアシマちゃん、バイアール君。壁にはコーランの入ったバッグ
!

朝日新聞デジタルヘッドラインの誤送信について

!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ハン・ソロなりきり水鉄砲

    フォースと共に

  • 写真

    【&TRAVEL】サマルカンドからテルメズへ

    三蔵法師を巡るディープ旅

  • 写真

    【&M】高橋愛を支えきった新垣里沙

    モー娘。復権までの道のり

  • 写真

    【&w】前人未到の境地

    「草間彌生」展

  • 写真

    好書好日藤巻亮太の旅是好日

    サン=テグジュペリを想う

  • 写真

    WEBRONZA女性科学者の#Me Too

    学者として生き残った私の声

  • 写真

    アエラスタイルマガジンジュラシックシリーズ最新作

    恐竜をめぐる重厚な人間ドラマ

  • 写真

    T JAPANイサム・ノグチの仕事を観る

    光や空間までも“彫刻”した男

  • 写真

    GLOBE+ロヒンギャの友と私の15年

    ミャンマーの故郷を訪ねる夢は

  • 写真

    sippo保護犬と住めるシェアハウス

    単身者も犬の飼育OK

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ