メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月12日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

放射性物質

関連キーワード

  • 放射性物質(2011年05月11日 朝刊)

    放射線を出す能力(放射能)を持つ物質。原発事故で、住民の健康への影響が問題になることが多いのは、放射性のヨウ素131やセシウム137、ストロンチウム90など。ヨウ素は、体内に入ると甲状腺に集まるが、放射能が半分になるまでの期間「半減期」は8日間と短い。セシウム137やストロンチウム90は半減期が約30年間と長いため、食べものなどを通じて体内に取り込まないよう気をつける必要がある。これらは体内で骨や筋肉の成分などとして蓄積しやすい性質をもっているが、セシウムは100日ほどで排出され半減する。

  • 核分裂と放射性物質(2011年03月28日 朝刊)

    原発の燃料となっているウランは、同じ元素でも中性子の数の違いで核分裂を起こしやすいものがある。ウラン235がそうで、92個の陽子と143個の中性子という計235個の小さな粒が集まって原子核ができており、中性子が原子核にあたって、核分裂反応が起きた結果、様々な元素の放射性物質(放射性の核種)ができる。放射性物質が半分の量に減るまでの時間を半減期という。半減期はヨウ素131は約8日、セシウム137は約30年で、物質によって大きく異なる。核分裂生成物は、放射線を出しながらどんどん別の物質に変わる。その際に出る熱を崩壊熱といい、なかなか減っていかない。

  • コメの放射性物質検査(2011年09月08日 朝刊)

    収穫前の「予備調査」と収穫後の「本調査」の2段階。予備調査は、土壌の放射性セシウム濃度が1キロあたり1千ベクレル以上の市町村、空間放射線量が毎時0.15マイクロシーベルト以上の市町村のほか、県が任意で選ぶ市町村が対象。玄米の状態で放射性セシウムを調べ、同200ベクレルを超えた市町村は本検査で重点的に調べる。本検査で同500ベクレルを超えた場合、その地域は現在の市町村、または旧市町村単位で、今年産米の出荷ができなくなる。国は東北などの計17都県に検査を求めた。

最新ニュース

写真・図版

処理水海洋放出 注文・懸念次々 県が業界団体聞き取り(2021/5/12)

 東京電力福島第一原発の処理水を海に放出する国の方針について、宮城県は11日、水産業や農業、観光業の意見を聞き取るための会議を初めて開いた。出席者からは、反対意見のほか、国や東電に風評被害への対応や安…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&M】キャンピングカーの基礎知識

    とても大切な「ペッドと安眠」

  • 写真

    【&TRAVEL】向かいの窓の気になる人

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&M】食通シェフが感動した肉料理

    グルメ垂涎の3品

  • 写真

    【&w】誕生日はアメリカから洋服を

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日群を抜くS・キングの新作

    止まらない疾走感とサスペンス

  • 写真

    論座吉村知事とポスト真実

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンニッポンの社長インタビュー

    ジュピターショップチャンネル

  • 写真

    Aging Gracefully小泉今日子さんインタビュー

    「好き」と「遊び心」を大切に

  • 写真

    GLOBE+ゲームで性差別に挑む女性

    欧米が注目するケニア人

  • 写真

    sippoトライアルから出戻った猫

    ちょっとの進歩が日々の喜び

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ