メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

放射性物質

関連キーワード

  • 放射性物質(2011年05月11日 朝刊)

    放射線を出す能力(放射能)を持つ物質。原発事故で、住民の健康への影響が問題になることが多いのは、放射性のヨウ素131やセシウム137、ストロンチウム90など。ヨウ素は、体内に入ると甲状腺に集まるが、放射能が半分になるまでの期間「半減期」は8日間と短い。セシウム137やストロンチウム90は半減期が約30年間と長いため、食べものなどを通じて体内に取り込まないよう気をつける必要がある。これらは体内で骨や筋肉の成分などとして蓄積しやすい性質をもっているが、セシウムは100日ほどで排出され半減する。

  • 核分裂と放射性物質(2011年03月28日 朝刊)

    原発の燃料となっているウランは、同じ元素でも中性子の数の違いで核分裂を起こしやすいものがある。ウラン235がそうで、92個の陽子と143個の中性子という計235個の小さな粒が集まって原子核ができており、中性子が原子核にあたって、核分裂反応が起きた結果、様々な元素の放射性物質(放射性の核種)ができる。放射性物質が半分の量に減るまでの時間を半減期という。半減期はヨウ素131は約8日、セシウム137は約30年で、物質によって大きく異なる。核分裂生成物は、放射線を出しながらどんどん別の物質に変わる。その際に出る熱を崩壊熱といい、なかなか減っていかない。

  • コメの放射性物質検査(2011年09月08日 朝刊)

    収穫前の「予備調査」と収穫後の「本調査」の2段階。予備調査は、土壌の放射性セシウム濃度が1キロあたり1千ベクレル以上の市町村、空間放射線量が毎時0.15マイクロシーベルト以上の市町村のほか、県が任意で選ぶ市町村が対象。玄米の状態で放射性セシウムを調べ、同200ベクレルを超えた市町村は本検査で重点的に調べる。本検査で同500ベクレルを超えた場合、その地域は現在の市町村、または旧市町村単位で、今年産米の出荷ができなくなる。国は東北などの計17都県に検査を求めた。

最新ニュース

写真・図版

福島の放射能濃度低下、チェルノブイリより早く 筑波大(2020/10/29)

 東京電力福島第一原発事故で福島県に広がった放射性物質の状況は、旧ソ連のチェルノブイリ原発事故(1986年)と比べて、土や河川の放射能濃度の低下スピードが大幅に速いという結果を筑波大などの研究チームが…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】プログラミング教育の本質

    利根川裕太さんが語る

  • 写真

    【&M】常にやるべきことを中心に

    輝いている人の生き方

  • 写真

    【&TRAVEL】美食とスターを巡る香港の旅

    身も心も大満足!

  • 写真

    【&M】国産バンコン最大の室内空間

    「救急車ベース」のすごい実力

  • 写真

    【&w】コロナ禍で気づいた「愛」

    ハンバート ハンバート

  • 写真

    好書好日生きやすい街求めドイツ移住

    香山哲「ベルリンうわの空」

  • 写真

    論座クマを森から出さないために

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンいい作品との出合いに感謝

    女優・石橋静河の現在

  • 写真

    T JAPAN馬に魅せられた注目の美術家

    今月の必見アート展3選

  • 写真

    GLOBE+ボトムアップ型で変わる医療

    私たち抜きに決めないで

  • 写真

    sippoみんな大好きパンケーキ!

    米粉で作る簡単犬おやつレシピ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ