メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月07日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

放射線治療

関連キーワード

  • 前立腺がん(2011年01月21日 夕刊)

    精液の一部をつくる前立腺にできる。厚生労働省によると、09年の前立腺がんによる国内の死亡者は約1万人で、男性のがん死亡原因の6位。食生活や生活習慣の変化などで、患者数は20年で7倍になっている。65歳以上で発症する場合が多い。治療には手術、放射線治療、ホルモン療法などがある。

  • 世界の核被害(2011年08月04日 朝刊)

    ブラジル・ゴイアニアでは1987年、がん治療病院跡から放射線治療装置が盗み出され、買ったくず鉄業者が解体。光るセシウムの粉を近所や親類に配った。同年だけで6歳の少女ら4人が死亡したという。米スリーマイル島(79年)や旧ソ連チェルノブイリ(86年)の原発事故のほか各地で核被害は相次いでおり、ビキニ事件など2千回以上の核実験で多くの住民や兵士が被曝した。ウラン採掘時の健康被害も問題になっている。軍事施設では、57年に旧ソ連チェリャビンスクと英ウィンズケールの核施設が爆発や火災を起こした。原子力潜水艦で兵士らが被曝、死亡する事故も発生している。

  • 重粒子線がん治療(2013年06月05日 朝刊)

    光速の60〜80%に加速した炭素イオンをがん病巣にピンポイントで照射する放射線治療烹体の深いところのがんでも周りの正常細胞へのダメージを最小限に抑えられる。ほかに陽子線を使う粒子線治療もあるが、重粒子線の方ががん細胞を殺す力は2〜3倍大きいという。白血病などの血液のがん、胃や大腸など不規則に動く臓器のがんなどは治療ができない。

最新ニュース

写真・図版

「新しい自分に」がんで変化した外見に自信 広がるアピアランスケア(2021/11/27)会員記事

 がんの治療に伴う見た目の変化に対処する「アピアランスケア」が広がりつつある。手術の痕や抗がん剤による脱毛、皮膚の変色などをケアすることで、元通りにはならなくても、患者の不安をやわらげ、生活の質を高め…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】明かりが揺らめくランタン

    20名様にプレゼント

  • 写真

    【&Travel】にっぽん丸30年、富士絶景

    クルーズへの招待状

  • 写真

    【&Travel】ラップランドの冬の風景

    フィンランドを旅して

  • 写真

    【&M】AWA2021で対談

    Twitter笹本氏×日産星野氏

  • 写真

    【&w】柚子香るスフレチーズケーキ

    料理家・冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    好書好日140字レシピができたわけ

    寿木けい「土を編む日々」

  • 写真

    論座真鍋さんは日本を支えてきた

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン気温10度に適した服装とは?

    おすすめコーディネート紹介

  • 写真

    Aging Gracefully仕事や家族、将来のこと

    何気ない日常生活の物語<PR>

  • 写真

    GLOBE+テキサス州中絶禁止法で暗雲

    おびえる保守派の政治家たち

  • 写真

    sippo仲良しな猫と子どもに憧れて

    猫をごっご遊びに巻き込んだ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ