メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月05日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

放射線治療

関連キーワード

  • 前立腺がん(2011年01月21日 夕刊)

    精液の一部をつくる前立腺にできる。厚生労働省によると、09年の前立腺がんによる国内の死亡者は約1万人で、男性のがん死亡原因の6位。食生活や生活習慣の変化などで、患者数は20年で7倍になっている。65歳以上で発症する場合が多い。治療には手術、放射線治療、ホルモン療法などがある。

  • 世界の核被害(2011年08月04日 朝刊)

    ブラジル・ゴイアニアでは1987年、がん治療病院跡から放射線治療装置が盗み出され、買ったくず鉄業者が解体。光るセシウムの粉を近所や親類に配った。同年だけで6歳の少女ら4人が死亡したという。米スリーマイル島(79年)や旧ソ連チェルノブイリ(86年)の原発事故のほか各地で核被害は相次いでおり、ビキニ事件など2千回以上の核実験で多くの住民や兵士が被曝した。ウラン採掘時の健康被害も問題になっている。軍事施設では、57年に旧ソ連チェリャビンスクと英ウィンズケールの核施設が爆発や火災を起こした。原子力潜水艦で兵士らが被曝、死亡する事故も発生している。

  • 重粒子線がん治療(2013年06月05日 朝刊)

    光速の60〜80%に加速した炭素イオンをがん病巣にピンポイントで照射する放射線治療烹体の深いところのがんでも周りの正常細胞へのダメージを最小限に抑えられる。ほかに陽子線を使う粒子線治療もあるが、重粒子線の方ががん細胞を殺す力は2〜3倍大きいという。白血病などの血液のがん、胃や大腸など不規則に動く臓器のがんなどは治療ができない。

最新ニュース

写真・図版

がん患者の8人に1人が治療変更 院内でコロナ感染警戒(2020/12/4)会員記事

 がん患者の8人に1人の治療内容や時期が、新型コロナウイルス感染症の流行を受け、変更されていたという調査結果をがん患者支援団体がまとめた。変更した人のうち、4割近くは自身の判断と答え、理由には「院内感…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】子どもの好奇心に寄りそう

    厚切りジェイソンさん

  • 写真

    【&M】遊び心をくすぐるワイナリー

    甲州「98WINEs」

  • 写真

    【&TRAVEL】自然とグルメの楽園チェジュ

    済州観光公社

  • 写真

    【&M】素材にこだわる南インド料理

    タミルナドゥ(東京・目黒)

  • 写真

    【&w】ジャムを炊きながらの妄想

    料理人・野村友里さん

  • 写真

    好書好日脱成長コミュニズムとは何か

    斎藤幸平さんのマルクス新解釈

  • 写真

    論座菅政権の逃げの政治の危うさ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン岸谷五朗が綴る大人の物語

    「部長メシ」が持つ特別な意味

  • 写真

    T JAPAN巨匠写真家ニュートンの素顔

    女性の視点から描く

  • 写真

    GLOBE+モルドバ「鉄の女」が勝利

    ロシアの頭痛の種がまたひとつ

  • 写真

    sippo動物看護師の細やかな心配り

    犬や猫の不安をやわらげる

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ