メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

放射線量

関連キーワード

  • 原爆症認定の新旧基準と集団訴訟(2008年08月04日 朝刊)

    原爆症は、原爆の放射線が原因で発病するか治癒能力が低下した(放射線起因性)、医療が必要な状態にある(要医療性)の2要件を満たす人に対し厚生労働相が認定する。月額約13万7千円の医療特別手当が支給される。厚労省は従来、爆心地からの距離を基に被爆者が浴びた放射線量(被曝線量)を算出、年齢なども加味して発病に影響した「原因確率」を導き出し、10%以上であれば事実上機械的に認定していた。4月からの新基準では、がん、白血病、心筋梗塞(こうそく)などの5疾病のいずれかを発症し、被爆状況が一定の条件を満たせば自動的に認める「積極認定」とした。あてはまらない人は既往症や生活歴なども考慮し、個別に「総合判断」する。一方、認定申請を却下された被爆者305人が03年から処分取り消しを求めて全国17地裁に提訴。国は10連敗中。

  • 原爆症認定(2008年08月15日 朝刊)

    旧基準では原爆の爆発時に受けた放射線量を重視し、投下後に市内に入った「入市被爆者」は事実上認められなかった。新基準では投下後100時間以内に入市したことなども認定条件に含めた。全国で集団申請運動が起きた02年以降、県内で延べ28人が申請(再申請含む、認定は2人)。うち12人は今年4月以降に申請した(県健康推進課調べ)。同課によると、県内の被爆者健康手帳保有者は130人(8月14日現在)。10年前より約50人減っている。

  • 原爆症認定の新旧基準(2008年10月13日 朝刊)

    原爆症は、原爆の放射線が原因で発症した病気やけがで、治療が必要な人を厚労相が認定し、月額約13万7千円の医療特別手当を給付する。従来は、爆心地からの距離を元に、被爆者が浴びた放射線量を算出、年齢なども加味して発病に影響した確率を導いて機械的に認定していた。被爆者の実態に沿うために4月から始まった新基準では、爆心地から3.5キロ以内で直接被爆▽原爆投下から100時間以内に爆心地から2キロ以内に入市、または2キロ内に1週間滞在するのいずれかの条件を満たし、5疾病(がん、白血病、副甲状腺機能高進症、放射線白内障、心筋梗塞)を発症した人を「積極認定」とした。

最新ニュース

(社説)ビキニ核被曝 元船員を放置できぬ(2018/7/23)

 元船員らは、米国が太平洋で実施した水爆実験による被曝(ひばく)者だ。裁判所はそう認め、「救済の必要性について改めて検討されるべきだ」として、国会や政府の対応に期待をにじませた。 国は、背を向けてきた…[続きを読む]

写真

  • 週末に小学生を指導する双葉OBの松本伸哉さん(中央)。「何も考えずに子どもたちと野球をするのが本当に楽しい」=福島県いわき市
  • 馬場有町長=2017年2月、避難先の福島県二本松市の浪江町仮役場
  • 松本深志の小林綾(左)と小林絃=長野県の松本市野球場
  • 日本原子力研究開発機構の東海再処理施設=2018年7月4日、茨城県東海村、朝日新聞社ヘリから、仙波理撮影
  • 放射線量を測定する遠隔無人ロボット(右)。左は撮影用のロボット(東京電力提供)
  • 見直し対象のひとつである福島県只見町立明和小学校入り口近くのモニタリングポスト。25日に訪れると、毎時0.064マイクロシーベルトを示していた=只見町小林
  • 新潟大学脳研究所脳神経外科分野 吉村淳一特任教授
  • 福島第二原発1号機のそばに津波で流れ込んだ海水(2011年3月11日、東京電力提供)
  • 福島第二原発1号機のそばに津波で流れ込んだ海水=2011年3月11日、東京電力提供
  • 国道114号の川俣町と浪江町の町境に新たに設けられた英語の看板=福島県浪江町津島
  • 訓練の参加者は雨で滑りやすくなっている足元を気にしながら、避難中継所に向かうバスに乗り込んだ=13日午前9時18分、大津市伊香立途中町、宮城奈々撮影
!

Amazon Pay導入記念プレゼントキャンペーン実施中

!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】スマホの音は物足りない!

    お手頃価格のハイレゾ機

  • 写真

    【&TRAVEL】マグロも堪能、不老ふ死温泉

    連載「原田龍二の温泉番長」

  • 写真

    【&M】日本のアートは遅れてる?

    Chim↑Pomの過激な展示会

  • 写真

    【&w】基本レシピをマスターしたら

    フムスのアレンジレシピ

  • 写真

    好書好日漫画版「人間失格」が完結

    ホラーの鬼才・伊藤潤二さん

  • 写真

    WEBRONZA民主主義を重視しない若者たち

    民主主義とのディスコネクト

  • 写真

    アエラスタイルマガジン山本舞香、演技への可能性

    人との出会いが世界を変える

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第23回

  • 写真

    GLOBE+子どもの学校どうしよう

    子連れで特派員@ベトナム

  • 写真

    sippo自販機の陰に住みついた老猫

    放っておけず家に迎え入れた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ