メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

政治資金規正法

関連キーワード

  • 政治資金規正法(2011年12月18日 朝刊)

    政治活動について国民にわかりやすいように、政治団体の届け出や資金収支の公開、寄付の制限などを求めている。政治団体は年に1回報告書の提出を義務づけられている。企業や労働組合などの団体は、政党や政党支部を除く政治家の後援会への献金はできない。個人や企業による献金額の上限も定められている。

  • 藤田雄山知事後援会の政治資金規正法違反事件(2009年06月25日 朝刊)

    知事後援会の事務局長が05年12月、知事の政治資金パーティーの収入など約8300万円を政治資金収支報告書に記載せず過少申告したとして広島地検に逮捕され、06年4月に執行猶予付きの有罪判決を受けた。同年9月に開示された事件の刑事訴訟記録で、97年知事選で知事陣営から現職県議らに裏金が渡ったなどとする疑惑が浮上。県議会は06年12月と07年3月、「解明が進んでいない」とし知事の辞職勧告決議案を賛成多数で可決したが、知事は「真相解明をする義務がある」などとして辞職を拒否した。

  • 事務所費問題(2010年12月01日 夕刊)

    2006〜07年、当時の松岡利匠赤城徳彦の両農水相らの政治団体が、家賃のかからない議員会館や実家などを主たる事務所の所在地としているのに、多額の事務所費を計上していた問題が発覚。疑惑を持たれた国会議員が詳しい説明をせず、不適正な支出が疑われた。07年末の政治資金規正法改正で、国会議員の関係政治団体について、人件費を除く支出項目について、1万円超の支出の内訳を収支報告書に記載し、領収書の写しを添付することになった。今回公開分の09年分から適用されている。

最新ニュース

写真・図版

与謝野馨氏、死後に1億3千万円 対応に追われる遺族ら(2019/2/21)有料会員限定記事

 政治家が死去した後、政治団体に残された金をどう扱うか――。そんな課題が長年、積み残されている。政治資金規正法が残金処理のルールを定めず、実態もほとんど知られていないためだ。遺族も、どう対応すべきか試…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】メカメカしさがたまらない!

    精緻感あふれるミニコンポ

  • 写真

    【&TRAVEL】中田英寿 福島を旅する

    品評会で受賞した福島牛〈PR〉

  • 写真

    【&M】男性都合の笑いやアイドル像

    いつまで続くのか

  • 写真

    【&w】アボリジナル文化が息づく地

    アリススプリングスの大自然

  • 写真

    好書好日「女優になるなら本を読め」

    大原櫻子さん、父からの言葉

  • 写真

    WEBRONZAクリーンエネルギーで遅れ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン世界一高い場所にあるホテル

    ザ・リッツ・カールトン香港

  • 写真

    T JAPAN連載・私的な旅遺産 第3回

    ブータン王国、早春の憧景

  • 写真

    GLOBE+女の子がサッカーなんて

    ……の声を乗り越えた難民たち

  • 写真

    sippo愛犬にオンリーワンの服

    型紙付きで紹介する本

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ