メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

救急医学

関連キーワード

  • 脳死と虐待(2009年07月08日 朝刊)

    04年の日本小児科学会の「小児脳死の実態と診断についての医師アンケート」では、15歳未満の脳死163例中、主な原因を「虐待」としたのは8例(4・9%)。08年の日本小児救急医学会のアンケートでは症例の1割強の39例だった。ただし、「不明」や「頭部外傷」の中に「虐待」が交じっている可能性はある。

  • 延命治療をめぐる最近の主な事件(2011年12月08日 夕刊)

    ぜんそくの重症発作で意識不明になった患者の気管内チューブを主治医が抜き、筋弛緩(しかん)剤を投与されて死亡した川崎協同病院事件(2009年、主治医の有罪確定)や、人工呼吸器を外された末期がん患者7人が死亡していた富山県射水市民病永09年、医師2人を不起訴)などがある。07年10月、日本救急医学会が救急医療の現場での人工呼吸器の取り外しなどの延命中止手続きを定めるガイドラインを定めている。

  • 入浴関連死者数(2018年11月05日 朝刊)

    人口動態統計の「家における浴槽内での溺死及び溺水」は5498人(2017年)。ただ、死因が病気だったり「不詳」と判断されたりする人を含まない。日本救急医学会と日本温泉気候物理医学会、日本法医学会からなる研究班は、報告書(14年)で、入浴中に救急搬送された患者数を元に入浴関連死者数を年間約1万9千人と推計した。

最新ニュース

写真・図版

猛毒ノビチョク、すでに製品化か 香水の瓶から噴出(2020/9/29)有料会員記事

 ロシアの反政権活動家アレクセイ・ナバリヌイ氏が飛行機の機内で意識を失い重体となった事件で、ドイツ政府がこのほど、神経剤「ノビチョク」系の毒物が用いられていたことが分かったと発表しました。「ノビチョク…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】子どもの好奇心に寄りそう

    厚切りジェイソンさん

  • 写真

    【&w】withコロナ時代の音楽

    金子三勇士×水野蒼生 対談

  • 写真

    【&TRAVEL】連ドラ「あまちゃん」の舞台

    海の見える駅 徒歩0分の絶景

  • 写真

    【&M】優雅なスタイルで時速343キロ

    ジャガーXJ220

  • 写真

    【&w】「雑貨」ってなんだろう

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日アニマルシェルターの役割は

    人気漫画で知る動物保護

  • 写真

    論座国連75周年で高校生が対話

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン初めて買ったポール・スミス

    漫画家/コラムニスト 渋谷直角

  • 写真

    T JAPAN森に溶け込むシンプルな家

    北欧の建築家夫妻の別荘

  • 写真

    GLOBE+選挙も政治家も本当に必要か

    イエール大・成田悠輔にきく

  • 写真

    sippo動物は法律でどう定義?

    命あるものと感覚ある存在の差

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ