メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

教育行政

関連キーワード

  • 教育委員会(2014年01月29日 朝刊)

    1948年、教育が政治に左右された戦前の反省から、政治権力が直接関与できないように作られた。初期は公選制だったが、政治的な対立の影響を受けやすいとして56年に地方教育行政法が成立し、任命制に。自治体の長(首長)に任命された原則5人の教育委員が、教員人事や使用する教科書など教育に関する方針や施策を合議で決める。

  • 教育委員(2011年10月01日 朝刊)

    首長が議会の同意を得て任命。任期は4年。教育長以外は非常勤で、月1〜2回の定例会などで教育行政の重要事項や基本方針を合議制で決定する。

  • 教育委員会改革(2015年02月24日 朝刊)

    大津市のいじめ自殺事件の対応をきっかけに「教育委員会の責任が不明確」などと批判が高まり、見直しが本格化した。4月に施行される改正地方教育行政法では、首長主宰の総合教育会議で「教育大綱」を作成するほか、首長が現行の教育委員長と一本化された新しい「教育長」を直接任命できるようになるなど、首長の権限が強化された。4月の施行に合わせて新「教育長」に移行するかどうかは、現行の教育長の任期まで経過措置が認められているため、各自治体の判断となる。

最新ニュース

写真・図版

山梨)議会や議員知って こども議会や対話集会広がる(2019/4/1)

 「議会や議員がどんな仕事をしているのか、よくわからない」。そうした声を受け、住民に議会の活動を広く知ってもらったり、議会活動に住民自らが参加したりする機会を設けようという取り組みが山梨県内で始まって…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ