メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月07日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

文化大革命

関連キーワード

  • 文化大革命(2019年08月24日 朝刊)

    1966年、党指導部内の権力闘争を背景に、毛沢東主席の主導で発動された大規模な政治運動。紅衛兵による暴力的なつるし上げ行為が各地でエスカレートし、社会が混乱。被害を受けた人は1億人に上るとも言われる。76年に毛の死去で終結。共産党は81年の「歴史決議」で「大きな災難をもたらした内乱」と位置づけた。文革時に10代だった習近平国家主席も父親が地方に飛ばされ、自らも陝西省の農村に下放されている。

  • 文化大革命(2016年05月16日 朝刊)

    農工業の急速な発展を目指した「大躍進」政策の失敗などをめぐる党内の路線対立を背景に、毛沢東が始めた政治運動。1966年5月16日に採択された党の通知が起点とされる。劉少奇・国家主席らを「資本主義の道を歩む実権派」などとして失脚させた。毛を崇拝する青少年らは「紅衛兵」となり、「造反有理」のスローガンの下で様々な機関の幹部や文化人らを弾圧。社会は混乱を極め、経済も停滞した。76年に毛の死去と夫人の江青ら「四人組」の逮捕で終結した。

  • 文化大革命(2018年01月13日 朝刊)

    1966年、共産党内の路線対立を背景に、毛沢東主席が階級闘争の継続などを訴え大衆を動員して始めた政治運動。「紅衛兵」と呼ばれた若者らが毛と対立する政治家や知識人などを攻撃し多くの犠牲者を生んだ。76年に終結するまで、国全体が混乱。共産党は81年の決議で「指導者が誤って引き起こし、党と国家、人民に深刻な災難をもたらした内乱」と総括した。

最新ニュース

写真・図版

習総書記、3期目続投へ トップ退任の慣例破る(2022/10/5)

盛り込まれる可能性もある。一方、毛の終身制につながった「党主席制」の復活は見送られる公算大だ。 中国は、毛への個人崇拝が文化大革命を招いた反省から、トウ小平が1980年代に集団指導体制を導入。江沢民、… …[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】移住者との交流、神々しい海

    楽園ビーチ探訪・小笠原後編

  • 写真

    【&w】今日すぐできる五つの技術

    東京の台所2

  • 写真

    【&Travel】ラーメンで思い出す北島三郎

    北海道石狩市へ「心の旅」

  • 写真

    【&M】「デュカト」日本上陸へ

    キャンピングカーで行こう!

  • 写真

    【&w】静かな夜明け前の試験勉強

    知花くららの#海辺の暮らし

  • 写真

    好書好日生きのびるためのこと描く

    湯本香樹実の絵本「橋の上で」

  • 写真

    論座安倍氏と統一教会の関係は

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン町田啓太さんよりメッセージ

    3号連続で表紙に登場!

  • 写真

    Aging Gracefully増田惠子さんインタビュー

    ソロデビューして40年〈後編〉

  • 写真

    GLOBE+実質タダで家が借りられる?

    チョンセに変化 一体何が?

  • 写真

    sippo愛猫がご飯を食べてくれない

    美味しく食べてもらうポイント

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ