メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月01日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

文芸評論

関連キーワード

  • GHQの検閲(2009年04月11日 朝刊)

    連合国軍総司令部(GHQ)は45年9月にプレスコード(新聞準則)を出し、出版、放送、映画を含む全メディアを統制した。新聞などの事前検閲は48年7月まで続いた。その後は事後検閲に移行(49年10月に廃止)するが、検閲違反で発行停止に追い込まれる場合もあり、「事後検閲とは自己検閲の別名にほかならない」(文芸評論家の江藤淳)との指摘もある。情報機関に属する民間検閲支隊(CCD)配下のPPB(出版・映画演劇・放送)が窓口で、東京、大阪、福岡各地区に検閲官が配置され、翻訳を担当する多数の日本人が雇われた。

  • 山本周五郎(2010年07月28日 朝刊)

    1903(明治36)〜67(昭和42)年。本名・清水三十六(さとむ)。名は生まれ年からつけられ、筆名は東京で徒弟として住み込んだ質屋「山本周五郎商店」にちなんだ。20代前半に作家活動を始め、39歳の時『日本婦道記』が直木賞に推されたが受賞辞退。その後も多くの賞を固辞し、文芸評論家からへそ曲がりを意味する「曲軒(きょくけん)」と呼ばれた。江戸の庶民を描いた人情ものから歴史長編まで作品は数多い。

最新ニュース

写真・図版

(藤田直哉のネット方面見聞録)コロナで変わるデモの形(2020/5/23)会員記事

 ツイッター上で、検察庁法改正案への「抗議デモ」が起こった。ツイッターには「ハッシュタグ」という仕組みがあり、「#〇〇」などと書き込むと、話題を多くの人間で共有できる。今回、「#検察庁法改正案に抗議し…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ