メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月03日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

断熱材

関連キーワード

  • アスベスト(石綿)(2016年05月25日 朝刊)

    繊維状の鉱物で建物の耐火材や断熱材に使われた。空気中に飛散したものを吸い込むと肺がんなどの原因となる。潜伏期間は15〜40年といわれる。国は2006年に製造・使用を原則禁止したが、既存の建築物は増改築時などを除いて規制対象外。阪神大震災の際も倒壊建物からアスベストが飛散し、厚生労働省によると少なくとも3人の復旧作業員が中皮腫を発症した。

  • 石綿(2012年03月29日 朝刊)

    耐熱性と耐摩擦性に優れた天然の繊維状鉱物として、戦後に加工品の糸や布は工場の断熱材などとして使われた。一方で粉じんを吸い込むと中皮腫や肺がんなどを発症。数十年という潜伏期間の長さから「静かな時限爆弾」と呼ばれる。国は2006年に医療費や療養手当の支給を盛り込んだ石綿健康被害救済吠石綿新頬を制定したが、大阪・泉南のほか、クボタ旧神崎工場(兵庫県尼崎市)の周辺住民の遺族や首都圏の元建設現場労働者らが各地で訴訟を起こしている。

  • アスベスト(石綿)と関連する基準(2012年11月14日 朝刊)

    繊維状の鉱物で、安価で火や熱に強く劣化しない。1960〜80年代を中心に断熱材などに広く使用された。吸い込むと中皮腫などを発症するおそれがある。潜伏期間は数十年という。70年代から規制が始まり、2006年に改正された労働安全衛生法の施行令でアスベストが0・1%を超えて含まれるすべてのものの製造・使用が禁止された。大気汚染防止法では、世界保健機関に準じ、扱う工場の敷地境界で1リットル当たり10本を許容限度と決めている。

最新ニュース

写真・図版

原発が壊れる…前双葉町長「日本は信用できなかった」(2020/3/11)有料会員限定記事

 4日に避難指示の一部が初めて解除された双葉町。原発事故で全町避難を強いられ、被災自治体で唯一、役場を県外へ移した。事故直後の状況や県外避難を決めた時、トップは何を考えていたのか。井戸川克隆・前町長(…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】人生変えた初めての海外旅行

    写真家・三井昌志さん

  • 写真

    【&TRAVEL】核シェルターが観光名所?!

    あの街の素顔

  • 写真

    【&M】東京五輪・パラ延期

    もっと早い決断が必要では?

  • 写真

    【&w】部屋着こそ、きちんと

    三陽商会「エポカ」新ブランド

  • 写真

    好書好日人気モデルは鉄道マニア

    市川紗椰さんインタビュー

  • 写真

    論座コロナ「医療崩壊」の導火線

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン女優・黒島結菜の愛するもの

    演技、登山、カメラそして……

  • 写真

    T JAPAN浮世絵に見る、江戸の美味

    今も昔も“食いしん坊”万歳!

  • 写真

    GLOBE+ADB前総裁が考えた7年間

    中国にどう向き合うか─。

  • 写真

    sippo兄弟のように育った子猫たち

    2匹一緒に引き取られる

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ