メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

新ひだか町

関連キーワード

  • 新たに名づけられた道沿岸の島名(2015年09月03日 朝刊)

    ベンサシ大島、三ツ岩、種北小島、ゴロタ離れ島、トド打ちの島(礼文町)、ジャブジャブソリ(羽幌町)、エサンベ鼻北小島(猿払村)、水かぶり岩(枝幸町)、幌内北小島(雄武町)、ベンザイアサム岩、ウカウプ岩、エタシペ岩(斜里町)、タンネソ東小島(広尾町)、トド岩(えりも町)、幌満西小島、鵜苫南小島(様似町)、入船南小島(新ひだか町)、新冠南小島、節婦南小島、(新冠町)、門別鼻南小島(日高町)、双ツ岩北小島、汐首岬南小島(函館市)、南西小島、難波岬南小島、トド岬西小島、西小島、北西小島(松前町)、トド島、ボウズ岩(奥尻町)

  • 大井川鉄道の経営再建(2016年09月22日 朝刊)

    観光客向けの蒸気機関車(SL)運行の草分けである大井川鉄道は、純損益が2011年度から3年連続で赤字になるなど経営難が続いていた。沿線の人口減やSLの乗客減に加えて、多額の有利子負債が重荷だった。14年春に、電車の運行本数を大幅に削減。昨年5月には地域経済活性化支援機構(東京)の再生計画を受け入れ、北海道でホテル運営に携わるエクリプス日高(新ひだか町)による3億円の増資が決まった。昨年8月末にはそれまでの大株主、名古屋鉄道出身の経営陣が退任し、エクリプス日高の前田忍社長が新社長に就任。金融機関の債権放棄で約35億円の負債を10億円弱まで圧縮、今年3月期の純損益は約25億円の黒字となった。前期は14年に初めて運行したSL「きかんしゃトーマス号」が人気となり、約200万円の黒字だった。

最新ニュース

写真・図版

北海道)シャクシャイン像、祈る姿に アイヌ民族の英雄(2018/9/24)

 新ひだか町の真歌公園で23日、アイヌ民族の英雄シャクシャインをしのぶ法要祭が開かれ、新しいシャクシャイン像がお披露目された。道内外からアイヌの人たちやアイヌ文化に関心を持つ人たちが参列し、新しい像の…[続きを読む]

新ひだか町をコトバンクで調べる

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】やっぱりダイソンが欲しい

    人気の掃除機はこれだ!

  • 写真

    【&TRAVEL】本と映画にひたれる出町座

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】災害時にも役に立つ装備

    キャンプ車のシェルター機能

  • 写真

    【&w】私がこれから座るイス

    連載・スリランカ 光の島へ

  • 写真

    好書好日「金持ちはすごい」への疑問

    絵本「おまえうまそうだな」

  • 写真

    WEBRONZA安倍氏の総裁3選と派閥復活

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン“6つ星”と評されるホテル

    これぞまさにプーケットの楽園

  • 写真

    T JAPAN“レガシー”のある暮らし

    古城に住む、とある家族の風景

  • 写真

    GLOBE+高得点なのに話せない

    韓国も英語教育で悩む

  • 写真

    sippo猫は留守番が平気だけど…

    高齢になると、注意が必要

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ