メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

新ひだか町

関連キーワード

  • 新たに名づけられた道沿岸の島名(2015年09月03日 朝刊)

    ベンサシ大島、三ツ岩、種北小島、ゴロタ離れ島、トド打ちの島(礼文町)、ジャブジャブソリ(羽幌町)、エサンベ鼻北小島(猿払村)、水かぶり岩(枝幸町)、幌内北小島(雄武町)、ベンザイアサム岩、ウカウプ岩、エタシペ岩(斜里町)、タンネソ東小島(広尾町)、トド岩(えりも町)、幌満西小島、鵜苫南小島(様似町)、入船南小島(新ひだか町)、新冠南小島、節婦南小島、(新冠町)、門別鼻南小島(日高町)、双ツ岩北小島、汐首岬南小島(函館市)、南西小島、難波岬南小島、トド岬西小島、西小島、北西小島(松前町)、トド島、ボウズ岩(奥尻町)

  • 大井川鉄道の経営再建(2016年09月22日 朝刊)

    観光客向けの蒸気機関車(SL)運行の草分けである大井川鉄道は、純損益が2011年度から3年連続で赤字になるなど経営難が続いていた。沿線の人口減やSLの乗客減に加えて、多額の有利子負債が重荷だった。14年春に、電車の運行本数を大幅に削減。昨年5月には地域経済活性化支援機構(東京)の再生計画を受け入れ、北海道でホテル運営に携わるエクリプス日高(新ひだか町)による3億円の増資が決まった。昨年8月末にはそれまでの大株主、名古屋鉄道出身の経営陣が退任し、エクリプス日高の前田忍社長が新社長に就任。金融機関の債権放棄で約35億円の負債を10億円弱まで圧縮、今年3月期の純損益は約25億円の黒字となった。前期は14年に初めて運行したSL「きかんしゃトーマス号」が人気となり、約200万円の黒字だった。

最新ニュース

写真・図版

北海道)JR日高線鵡川―様似間、不通から4年(2019/1/10)有料記事

 JR日高線の鵡川―様似間が高波被害を受けて不通になってから、7日で丸4年が過ぎた。経営難のJR北海道は、100億円を超える復旧費用を捻出できないとして廃止・バス転換を提案。沿線7町は協議を重ね、昨年…[続きを読む]

新ひだか町をコトバンクで調べる

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】夜景やイルミに!

    失敗しない撮影術

  • 写真

    【&TRAVEL】長府毛利氏の串崎城の魅力は

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】演技は心のリハビリでした

    門脇麦さんインタビュー

  • 写真

    【&w】アカデミーの「圧力」に抗議

    本命不在、波乱の映画賞レース

  • 写真

    好書好日どこまで美味しく描けるか

    異能のクレヨン画家の人気絵本

  • 写真

    WEBRONZA乱用される鎮痛薬

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン一緒に海に潜りたい

    ほのかが語る理想のデート

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第34回

  • 写真

    GLOBE+子供が描く空が鉛色

    ソウルをむしばむ大気汚染

  • 写真

    sippo先代と同じ犬種を引き取る

    ブリーダーが放棄したフレブル

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ