メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

平成から令和へ

祈りの旅
平成人語

写真・図版

元号案見た首相「うーん」 追加案依頼、看板政策重ねた有料会員限定記事 (2019/4/30)

新しい元号「令和」の選定過程を検証すると、安倍晋三首相主導の強い政治色が浮かんできた。 元号を決めるまで1カ月余りに迫った2月末。元号案の絞り込みは政府の要領に基づき、菅義偉官房長官のもとで進めることになっていたが、菅氏は「最終的には首相…[続きを読む]

写真・図版

「おねがーい」声掛け合う両陛下 テニスでも呼吸ぴたり (2019/4/30)有料会員限定記事

■天皇陛下のテニス仲間 織田和雄さん お二人の長野・軽井沢でのテニスコートでの出会い(1957年)からご結婚のお手伝いをさせていただきました。天皇陛下と祝杯をあげ「いろいろとありがとう」と言われてから、60年以上が経つんですね。 陛下はプロ…[続きを読む]

両陛下と私

「令和」決定の舞台裏

「令和」 5月1日から

流行語でたどる平成

「令和」どう思う?

朝日新聞社は1日午後、新元号が「令和」に決まったことを報じる号外を発行しました。[こちらからご覧いただけます]

【動画】新元号「令和」を発表する菅官房長官。その後の安倍首相が記者会見し、新しい元号について説明した=瀬戸口翼撮影(2019/04/01)

 菅義偉官房長官は1日午前11時40分ごろ、首相官邸で記者会見し、新しい元号は「令和(れいわ)」と発表した。典拠は奈良時代に完成した日本に現存する最古の歌集「万葉集」。日本で記された国書に由来する元号は確認できる限り初めてとなる。元号を改める政令は即日公布され、皇太子さまが新天皇に即位する5月1日に施行される。[続きを読む]

在位30年を祝って

写真・図版

天皇陛下「象徴としての模索は遠く」在位30年記念式典 (2019/2/24)

天皇陛下の在位30年を祝う政府の記念式典が24日、東京都千代田区の国立劇場で天皇、皇后両陛下を迎えて開かれた。天皇陛下は「憲法で定められた象徴としての天皇像を模索する道は果てしなく遠く」と自らの歩みを振り返り、今後の皇室に向け「次の時代、…[続きを読む]

写真・図版

飛んだおことば、皇后さまが気づく 涙声で感謝の8分半 (2019/2/24)

24日の在位30年の記念式典で、天皇陛下のおことばは8分半に及んだ。退位当日の4月30日、皇居・宮殿での「退位の礼」で最後のおことばが予定されるが、皇居外では今回が最後となる見通し。涙声で国民への感謝の思いを語った。 おことばは象徴天皇の…[続きを読む]

写真連載:平成はいま

【動画】85歳の誕生日を前に記者会見する天皇陛下=宮内庁提供(2018/12/23)

 天皇陛下は23日、85歳の誕生日を迎えた。事前の記者会見では、来年4月末の退位を見据え「天皇としての旅を終えようとしている」「支え続けてくれた多くの国民に衷心より感謝する」と涙声で語った。[続きを読む]

平成最後の一般参賀

両陛下、平成最後の誕生日

連載:平成と天皇

即位を控えて

最新ニュース

(社説)昭和天皇の言葉 改めて大戦考える機に(2019/8/21)

 その「おことば」が実現していたら、先の大戦を巡る天皇の責任論や国民の意識、そして近隣諸国との関係も違うものになっていたかもしれない。そう思わせる史料が明らかになった。 終戦後の宮内庁長官だった田島道…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ