メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月12日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

新型インフルエンザ

最新ニュース

写真・図版

科学が届かない米コロナ政策「トランプ氏に指導力ない」(2020/8/8)会員記事

 米国で、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。トランプ政権の対応のどこに問題があるのか。米国が誇る科学的な知見が政治に届かないのはなぜか。オバマ前政権で科学技術担当の大統領補佐官を務めたジョン・…[続きを読む]

PR情報

関連キーワード

  • 新型インフルエンザ(2011年07月15日 朝刊)

    2009年4月、メキシコで感染が確認された新型の豚インフルエンザウイルスは、ほとんどの人に免疫がなく、全世界で流行。日本でも5月には5千を超す小中高などの学校で休校が相次いだ。厚生労働省によると2077万人が受診、203人が死亡した。

  • 新型インフルエンザの流行(2009年01月07日 夕刊)

    最悪の場合、日本国内で死者64万人、愛知県内でも3万6千人に上るといわれる。厚生労働省の方針では、感染者が1人でも確認された時点で、都道府県単位で学校を休校し、映画館など不特定多数が集まる施設にも営業の自粛を求める。一般的に大流行すると、大量の患者と死者▽医療サービス提供の破綻(はたん)▽インフラ従事者の感染による社会・行政機能のまひ▽企業活動の制限と、これに伴う企業の崩壊——などが想定されている。

  • 新型インフルエンザ患者の受診の流れ(2009年05月15日 朝刊)

    インフルエンザ様の症状(38度以上の発熱、または、急性呼吸器症状が二つ以上)が出たら、まずは受診前に、発熱相談センターに電話し、渡航した人との濃厚接触の有無など伝える。その後に、発熱外来に行って検査で感染の疑いが濃厚ということになれば、国内で大流行前の時期なら、患者全員が感染症指定の専門病院に強制的に入院させられる。大流行期に入った後なら、感染者数に対応し切れないので専門病院に入院できるのは原則、重症者のみになる。

PR注目情報

注目コンテンツ