メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

新発田

関連キーワード

  • 新発田市の日本語教育(2010年01月28日 朝刊)

    同市は08年3月、内閣府から「日本語教育特区」の認定を受けた。独自の「日本語」の教科書が09年夏に完成、同年9月から本格的な授業が始まった。教科書は小学生用は1、2年生用(41ページ)、3、4年生用(37ページ)、5、6年用(51ページ)の3冊。中学生用は本編(91ページ)と学習帳(54ページ)の2冊。「日本語を身につけ表現力や地域文化を学び、たくましく生きる子どもを育てる」ことを掲げている。

  • 新発田市まちづくり振興公社(2010年09月26日 朝刊)

    前身の市観光開発公社は1992年設立。2004年に市公園都市施設協会を合併し、現在の名称になった。陸上競技場など12施設を指定管理者として運営し、「あやめまつり」など観光事業にあたっている。昨年1月、会計処理に問題があると市から指摘されたのに続き、今年4月には「あやめの湯」の施設長だった男性職員(懲戒解職)が利用料約260万円を不正流用していたことが発覚。5月に「長年にわたり規律が緩んでいた組織の欠陥が明らかになった」として、市に対して、第三セクターでなく直営に戻すよう要請していた。資本金にあたる基本財産は8千万円。このうち新発田市が6236万円を出資している。

  • JR新発田駅の橋上化事業(2010年11月14日 朝刊)

    新発田駅の改札は現在、西口のみ。新潟、新津方面のホームへは、階段を使って地下道を通らなければならない。市の計画では、線路をまたぐ形で東西両口を結ぶ自由通路を設け、駅舎も通路と接する形に建て直し、エレベーターなどを設置する。市の試算で総事業費は約38億円。国からの交付金などを使うと、市負担は6億5千万円という。

最新ニュース

写真・図版

(書評)『近代の記憶 民俗の変容と消滅』 野本寛一〈著〉(2019/3/23)有料記事

 ■家父長制と共に失われた囲炉裏 かつての日本の共同体には、いくつかの特徴ある環境や伝統と称される約束事があった。時代の変容でその環境は失われ、儀式なども少しずつ欠けていった。野本民俗学はそれを丹念に…[続きを読む]

PR情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】大自然とアートを楽しむ

    大自然とアートを楽しむ

  • 写真

    【&TRAVEL】駿河湾の男衆が女装して踊る

    「天下の奇祭」大瀬まつり

  • 写真

    【&M】ポークご飯はナイフいらず

    ドーカン(東京・半蔵門)

  • 写真

    【&w】小さな小さなうでまくら

    フォトギャラリー

  • 写真

    好書好日ASKAさん35年ぶり詩集

    谷川俊太郎さんと念願の対談

  • 写真

    WEBRONZA誰のせい?予算100兆円超

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンいま、ワードローブが変わる

    #1ジョルジオ アルマーニ

  • 写真

    T JAPAN自社田で米作りから手がける

    岡山県「丸本酒造」の流儀

  • 写真

    GLOBE+空っぽのひつぎに涙こぼす

    エチオピア機事故の取材から

  • 写真

    sippo片目を失った子猫

    幸せ願い「みちる」と命名

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ