メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月13日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

日本医師会

関連キーワード

  • 日本医師会(2012年02月16日 朝刊)

    開業医や勤務医、研修医など全国の医師約16万6千人で構成する社団法人。医療や保健、福祉の各施策について検討し、提言する。会長の任期は2年で、約7万人の会員を擁する政治団体「日本医師連盟」のトップも兼ねる。会長選では、各都道府県医師会の会員数に応じて人数が割り当てられている計357人の「代議員」が投票できる。

  • 公益法人改革(2009年07月16日 朝刊)

    昨年12月から省庁や都道府県が公益法人(社団・財団法人)の設立を許可するのをやめ、誰でも登記・設立できるようになった。天下りなどの癒着をなくすのが狙い。税優遇を受けられる「新公益法人」は国や都道府県の第三者機関が認定し、それ以外は一般法人になる。現在の公益法人(約2万5千)は13年11月末までに新法人に移行する。新法人は省庁の監督がないため、現在約990法人が運営しているとされる共済は自動的に「無認可」状態となり保険業法の規制対象となる。大半が運営の継続は困難とみられるが、「移行期限ギリギリまで様子を見たい」(華道の財団法人小原流)、「規制除外の立法措置の働きかけも検討したい」(社団法人日本医師会)などの声もあがっている。

  • レセプトのオンライン化(2009年05月14日 朝刊)

    07年6月の「規制改革推進3カ年計画」で閣議決定された。病陰診療所、薬局が対象で、大病院から順次実施し、11年度までに原則義務化する。日本医師会、日本歯科医師会、日本薬剤師会など医療費の請求側は、希望者のみが導入する「手挙げ方式」を主張。横浜と大阪で義務化撤廃の訴訟も起こされている。政府・与党は今年3月、「自らオンライン請求することが当面困難な医療機関等に対して配慮する」との文言を加えて事実上、義務化を緩和した。

最新ニュース

写真・図版

日本医師会会長ら自民議員のパーティー出席 会見で釈明(2021/5/12)会員記事

 日本医師会の中川俊男会長は12日、東京都内で先月開かれた自民党の自見英子参院議員を支援する100人規模の政治資金パーティーに、自身を含めて日医の常勤役員14人が出席していたことを明らかにした。開催し…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&M】キャンピングカーの基礎知識

    とても大切な「ペッドと安眠」

  • 写真

    【&TRAVEL】向かいの窓の気になる人

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&M】食通シェフが感動した肉料理

    グルメ垂涎の3品

  • 写真

    【&w】誕生日はアメリカから洋服を

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日群を抜くS・キングの新作

    止まらない疾走感とサスペンス

  • 写真

    論座吉村知事とポスト真実

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンニッポンの社長インタビュー

    ジュピターショップチャンネル

  • 写真

    Aging Gracefully小泉今日子さんインタビュー

    「好き」と「遊び心」を大切に

  • 写真

    GLOBE+ゲームで性差別に挑む女性

    欧米が注目するケニア人

  • 写真

    sippoトライアルから出戻った猫

    ちょっとの進歩が日々の喜び

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ