メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

日本産科婦人科学会

関連キーワード

  • 非配偶者間人工授精(AID)(2009年06月02日 朝刊)

    夫が無精子症などの夫婦のため、日本では戦後間もなく慶応大で始まった。1949年の最初の子どもが誕生して以来、これまでに慶応大だけで1万人以上が生まれたとされる。長くルール不在だったが、日本産科婦人科学会は97年に会告(指針)を定め、営利目的での精子提供を禁じるなどしたうえで、現状を追認した。

  • 生殖補助医療(2015年05月16日 朝刊)

    体外受精などの生殖補助医療で生まれる子どもは増え続け、約27人に1人の割合だ(2012年)。日本産科婦人科学会は代理出産や第三者による卵子提供を認めない立場をとるが、法的拘束力はない。自民党のプロジェクトチームが昨年10月、代理出産を一定の条件で認めるなどの法案をまとめた。

  • 受精卵診断(2012年07月11日 夕刊)

    体外受精させた受精卵が4〜8個の細胞に分裂した段階で、遺伝子や染色体を調べ、異常のない受精卵を子宮に戻す技術。「着床前診断」とも呼ばれる。羊水中の胎児の細胞などを調べる出生前診断と違い、妊娠前に調べられる。日本産科婦人科学会は対象を重い遺伝病や染色体異常が原因の習慣流産などに限っている。

最新ニュース

歯科×産科、妊婦の口の健康守る アプリで口腔ケアなどの情報配信(2019/10/2)有料記事

 妊産婦の口の中の健康を守るため、日本産科婦人科学会(日産婦)と日本歯科医師会がタッグを組んだ。日産婦が監修するスマートフォンアプリ「Babyプラス」に、歯科医師会が作った「予防歯科ガイド」が配信され…[続きを読む]

日本産科婦人科学会をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ