メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月14日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

日本相撲協会

関連キーワード

  • 日本相撲協会の懲戒処分(2010年06月29日 朝刊)

    除名、解雇、番付降下、出場停止、減俸、譴責(けんせき)の6種類。除名には理事会、評議員会で、それぞれ4分の3以上の賛成による特別決議が必要で、退職金は支給しない。解雇以下の処分は理事会の過半数の賛成で決められる。解雇は退職金が出るが、理事会決議で支払いを停止できる。

  • 日本相撲協会顧問の現金授受問題(2014年08月30日 朝刊)

    遊技機器に力士の肖像を使う契約を巡り、協会の50代の男性顧問が、パチンコ業者と協会を仲介した人物から現金を受け取っている動画がネット上に流れて発覚した。顧問が帯封つきの現金500万円を紙袋から取りだし、袋に戻す様子などが映っている。協会の危機管理委は、顧問は別の日にも1200万円を受け取ったが、いずれも別の人物を通じて返却したと認定した。顧問に現金をわたした人物は朝日新聞の取材に「金は返してもらっていない」と答えている。

  • 週刊現代の八百長疑惑報道(2008年10月04日 朝刊)

    「横綱・朝青龍の八百長を告発する!」など、07年2月から3回にわたって大相撲の八百長疑惑を報じた。「『下位力士から一番80万円で星を買っている』との重大証言」(07年2月3日号)など、朝青龍が優勝した06年九州場所や07年初場所などで八百長が行われていたと書いた。日本相撲協会や記事で名指しされた力士らが発行元の講談社などを相手取り、損害賠償と謝罪広告掲載を求める訴訟を起こした。

最新ニュース

写真・図版

貴ノ富士が引退 暴力問題 大相撲(2019/10/12)有料記事

 付け人への暴力を繰り返し日本相撲協会から引退を促す決議を受けた十両の貴ノ富士(22)が11日、引退届を提出し、受理された。退職金は支払われる。 決議は懲戒処分でなく、貴ノ富士は受け入れない考えを示し…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ