メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

日本自動車連盟

関連キーワード

  • 自動車レース(2010年10月31日 朝刊)

    決められたコースを周回し、速さを競う。最高峰のF1などのレース専用車と、スーパーGTのような量販車を改造した車があり、エンジン排気量などでクラスが分かれている。日本自動車連盟(JAF)の公認を受けたレースに出場するにはJAFが発行する国内Aライセンス以上が必要。2009年のJAFのライセンス保有者数は約4万5千人。

  • ラリー(2015年10月26日 夕刊)

    舗装された公道や未舗装の林道など様々な条件下で走る自動車競技の一種。認められた範囲内で改造した市販の一般車を使う。最高峰は欧州など各国を転戦する世界ラリー選手権(WRC)。国内では日本自動車連盟(JAF)が主催の全日本ラリー選手権がある。トヨタ自動車の豊田章男社長も参戦するTRDラリーチャレンジのような初心者向けの大会を含めると、レベルごとに年間約200の大会が開催されている。

  • タイヤとパンク(2017年09月09日 朝刊)

    日本自動車タイヤ協会によると、タイヤにゴムが使われ始めたのは1867年。それ以前は、木製の車輪の外側に鉄の輪をはめた鉄のタイヤが一般的だった。空気を入れたタイヤが実用化されたのは1888年で、英の獣医師ダンロップ氏が息子の自転車に使ったのが初めてとされる。日本自動車連盟(JAF)によると、2016年度のパンクでの救援は全体の16.1%を占める約38万5千件で、過去最多を記録した。セルフ式ガソリンスタンドの増加で、空気圧の点検がおろそかになっていることが原因とみている。

最新ニュース

和歌山)チャイルドシート4割使用せず JAFなど調査(2019/9/14)

 日本自動車連盟(JAF)は、警察庁と合同で実施した、チャイルドシート使用状況の調査結果を公表した。県内の調査では、道路交通法で定められているチャイルドシートの使用義務対象の6歳未満の子どものうち、約…[続きを読む]

日本自動車連盟をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ