メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

日本芸術院

関連キーワード

  • 日展(2014年11月24日 朝刊)

    前身は、1907年に、日本画、西洋画、彫刻で始まった文部省美術展覧会(文展)で、帝展、新文展を経て、戦後に日展に。58年に民営の社団法人となったが、今も日本芸術院会員を多く抱え、展覧会は、文化庁が後援してきた(昨年から中止)。東京から京都や名古屋、大阪へ巡回し、東京会場だけで15〜16万人が訪れる。今年の東京展は12月7日まで。写真は開会式であいさつする奥田理事長。

  • 前登志夫さん(2014年01月06日 朝刊)

    1926〜2008。歌人。前川佐美雄氏に師事し、詩作から転向。吉野山中で林業に就く傍ら、生命力あふれた短歌を詠み、「吉野の山人」とも呼ばれた。78年に「縄文紀」で迢空(ちょうくう)賞。日本芸術院会員にもなった。川上中創立20周年記念誌「山のこころ」では、校歌作詞について「吉野川の清流はダムでせきとめられるが、静かに湛(たた)えられた水の欝然(うつぜん)たるエネルギーを想像すると、詩の言葉は溢(あふ)れ出た」と振り返った。

  • 前川佐美雄さん(2014年01月07日 朝刊)

    葛城市出身の歌人。1903〜90。佐佐木信綱さんに師事し、シュールレアリスムなど前衛的な短歌運動を主導した。歌誌「日本歌人」を創刊。塚本邦雄さん、前登志夫さんらに影響を与えた。72年に迢空(ちょうくう)賞を受賞。86年に旧新庄町名誉町民、89年に日本芸術院会員。

最新ニュース

根岸右司さん死去(2021/5/29)会員記事

 根岸右司さん(ねぎし・ゆうじ=洋画家、日本芸術院会員、日展副理事長、光風会副理事長)26日、病気で死去、83歳。通夜は30日午後4時からさいたま市浦和区北浦和1の14の9のセレモニー北浦和ホールで。…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ