メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

日本赤十字社

関連キーワード

  • 日本赤十字社(2017年04月12日 朝刊)

    災害救護や医療、社会福祉などの事業を手がける認可法人。1877(明治10)年、西南戦争で生じた両軍の傷病者を助けようと、元佐賀藩士で明治初期の立法府「元老益の議官だった佐野常民らが働きかけ、設立された「博愛社」が前身。日本がジュネーブ条約に加盟したことに合わせ、87年に「日本赤十字社」と改称された。山口県支部は88年10月に創設された。赤十字の標章は、国際赤十字組織の創始者アンリ・デュナンの祖国に敬意を表し、スイスの国旗の配色を逆にしたものが基になっている。

  • 在日朝鮮人の北朝鮮への帰還事業(2009年12月15日 朝刊)

    日朝両政府の了解のもと、日本赤十字社と朝鮮赤十字会が実務を担った。1959年12月14日に新潟港から最初の帰還船が出航し、84年までに計9万3340人が船で北朝鮮に渡った。日本国籍を持つ配偶者と子ども計6679人も含まれ、うち日本人妻は1831人。97〜00年に3回行われた里帰り事業で、計43人が1週間ほど、日本に一時帰国したが、自由な往来は認められていない。

  • 傷病兵の治療体制(2010年12月08日 夕刊)

    1899年、傷病兵を運ぶ病院船は攻撃対象としないとうたった国際条約が、日本を含む26カ国で締結された。白い船体に赤十字マークを掲げ、非武装で武器弾薬の輸送をしないことが条件とされた。陸海軍は病院船で前線を回り、国内各地に設けた病院などに傷病兵を収容した。撃沈される船もあった。日本赤十字社は陸軍、海軍両大臣が監督し、看護婦約3万3千人を軍に派遣した。

最新ニュース

写真・図版

保険証ない外国人は「医療費2倍」 広がる訪日客価格(2021/4/16)会員記事

 健康保険証のない外国人の方の医療費は、全額負担のさらに2倍になります――。大阪市で暮らすチュニジア人の女性(25)は昨年8月、病院の受付でそう告げられ、驚いた。だが、こうした医療機関は今、全国的に珍…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&M】試写会プレゼント

    吉永小百合『いのちの停車場』

  • 写真

    【&TRAVEL】八王子城が名城の理由とは?

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】ジュジャーロがデザイン

    3人乗りのスポーツMPV

  • 写真

    【&w】横浜の見逃せないデパ地下

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日呪術廻戦の両面宿儺とは?

    考古学で読み解く怪人の正体

  • 写真

    論座「規則正しいレイプ」とは

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン休日はジャケットで

    ドレスダウンが新ルール!?

  • 写真

    Aging Gracefully上手にキレイを更新

    髪の変化を受け入れる

  • 写真

    GLOBE+ソ連版スペースシャトルも

    ロシアに残る宇宙大国の歴史

  • 写真

    sippo譲渡先が見つからない黒猫

    家族を支え、世話を焼く存在に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ