メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

酒からSAKE

 日本酒は、稲作が定着した古代から、全国各地で造られてきた。神事や祝いの席にも用いられ、暮らしの中に溶け込んでいる。そんな日本酒造りや消費の現場が、変化を迫られている。人口減や担い手不足、ライフスタイルの変化、世界との競争……。抱えている課題は、日本社会の縮図のようだ。

編集部おすすめ

おすすめの肴

日本酒と生きる

最新ニュース

写真・図版

(2030 SDGsで変える)都市には農業が必要だ 子どもが学ぶ農園/障害者施設に食材提供(2022/9/25)

 都市部での農業が活気づいています。まちづくりに生かす動きや、都市にこだわり農業を始める人も。法整備とあいまって都市農業の広がりは、SDGs(エスディージーズ)(持続可能な開発目標)が目指す防災機能と…[続きを読む]

関連キーワード

  • 東京と日本酒(2016年12月02日 朝刊)

    都酒造組合によると、東京の酒造りの起源は不明だが、江戸時代の元禄年間には幕府が酒改めをした古文書があるという。現在、組合加盟は9社。多摩川や秋川沿いなど多摩地方に8社が集中している。加盟社以外でも、港区の酒蔵が日本酒を製造し、8月から販売を始めた。

  • 日本酒と純米酒の製造量(2015年09月01日 朝刊)

    国税庁によると、1993年度までは100万キロリットルを超えていた日本酒(清酒)全体の製造量は減少傾向にあり、2013年度は、前年度より5千キロリットル増えたものの、20年前の半分以下の44万4千キロリットルにとどまる。一方、日本酒の中でも純米酒(純米吟醸酒含む)の製造量は11年度以降増加に転じ、13年度は前年度比8・5%増の8万5667キロリットルとなった。仙台国税局によると、東北6県の純米酒(同)の製造量も、10年度の1万2589キロリットルから13年度は1万8105キロリットルに増えた。

  • 日本酒の消費量(2012年02月19日 朝刊)

    国税庁によると、日本酒の消費量は1975年度の167万5千キロリットルをピークに減少。2009年度は61万7千キロリットル。日本酒の酒造場も1761カ所にほぼ半減した。一方、本格焼酎の消費量は50万キロリットルで75年度の約8倍まで増加。日本酒に迫る勢いだ。

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】増山城の堀切が圧巻!

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&w】スリランカで撮り続ける人生

    摂食障害という「勲章」を胸に

  • 写真

    【&Travel】タスマニアで実感した先祖愛

    アボリジナルが守る自然の未来

  • 写真

    【&M】設営と片付けを楽にするギア

    山城さくらのキャンプFM

  • 写真

    【&w】モンテッソーリ教育の先生の一日

    久保純子 LIFE in N.Y.

  • 写真

    好書好日意外な山梨同級生対談が実現

    藤巻亮太と辻村深月が語り合う

  • 写真

    論座ドル高・円安から反転の兆し

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン井桁弘恵さんと巡る写真展

    第2回 NADiff BAITEN

  • 写真

    Aging Gracefully働く女性と更年期

    自分の体を前向きに知り対策を

  • 写真

    GLOBE+サル痘対応が遅れた米国

    コロナの教訓は生きたのか?

  • 写真

    sippo米国の動物保護シェルター

    カリフォルニアの施設を紹介

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ