メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

日米地位協定

関連キーワード

  • 日米地位協定(2017年10月29日 朝刊)

    在日米軍基地の管理権は米軍が持つことや、米軍への課税免除、軍人、軍属らの刑事裁判権などについて定める。運用改善や補足協定が結ばれるなどしてきたが、条文は1960年の日米安全保障条約改定に合わせて締結以来、一度も変わっていない。

  • 日米地位協定(2012年11月03日 朝刊)

    1960年に締結。在日米軍の権限や基地使用を規定し、米軍人の犯罪は、協定17条で身柄が米側にあれば起訴まで米側が拘禁すると定める。日本側捜査に支障が大きく、95年の沖縄の少女暴行事件で協定改定の要求が強まったが、両政府は運用改善で対応。「殺人または強姦(ごうかん)という凶悪な犯罪」で日本が起訴前に身柄引き渡しを求めれば米側は「好意的考慮を払う」ことで合意した。米兵による事件、事故が多い沖縄では「治外法権」(仲井真弘多知事)との批判が根強いが、両政府は改定でなく運用改善での対応を重ねている。

  • 日米地位協定と第一次裁判権(2010年08月13日 朝刊)

    日米地位協定は、1960年の日米安保条約改定に伴って成立した。在日米軍に対する基地や訓練区域の提侠米軍の日本での権限が定められた全28条からなる協定。第一次裁判権は、刑事事件を最初に審理裁判する権限。地位協定17条は米兵らの犯罪について日米両国の裁判権が競合する場合の第一次裁判権の原則を定めている。米兵らの公務執行中の犯罪などは米軍に第一次裁判権があり、その他は日本がこの権利を有するとしている。

最新ニュース

写真・図版

沖縄と向き合う、若者の模索 辺野古移設問う県民投票から2年(2021/2/24)会員記事

 岩手や山形、石川で生まれ育った私たちは、「沖縄」とどう向き合っていけるのだろうか。2年前の2月24日、沖縄の人たちが県民投票で出した答えにふれ、考え、模索を続ける20、30代がいる。(岡田将平、島崎…[続きを読む]

日米地位協定をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】子どもの好奇心に寄りそう

    厚切りジェイソンさん

  • 写真

    【&w】猫には正義の味方がいる

    猫が教える、人間のトリセツ

  • 写真

    【&TRAVEL】網走「監獄定食」って?

    冬の北海道を旅して

  • 写真

    【&M】印象に残るウェッジシェイプ

    3代目トヨタ・セリカ

  • 写真

    【&w】現代的な生活のための服

    新ブランド「CFCL」の魅力

  • 写真

    好書好日コロナ禍、歌舞伎町のいま

    手塚マキさんインタビュー

  • 写真

    論座差別が邪魔するコロナ収束

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンバーで葉巻を初体験!

    お酒が苦手な人でも大丈夫?

  • 写真

    Aging Gracefully賢くお金を貯めるテクニック

    「家計管理ポーチ」の使い方

  • 写真

    GLOBE+北朝鮮の戦争は「速戦即決」

    最悪のシナリオに備える米韓

  • 写真

    sippoもう犬とは暮らせない…

    でも勇気出したら幸せが戻った

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ