メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

日米地位協定

関連キーワード

  • 日米地位協定(2017年10月29日 朝刊)

    在日米軍基地の管理権は米軍が持つことや、米軍への課税免除、軍人、軍属らの刑事裁判権などについて定める。運用改善や補足協定が結ばれるなどしてきたが、条文は1960年の日米安全保障条約改定に合わせて締結以来、一度も変わっていない。

  • 日米地位協定(2012年11月03日 朝刊)

    1960年に締結。在日米軍の権限や基地使用を規定し、米軍人の犯罪は、協定17条で身柄が米側にあれば起訴まで米側が拘禁すると定める。日本側捜査に支障が大きく、95年の沖縄の少女暴行事件で協定改定の要求が強まったが、両政府は運用改善で対応。「殺人または強姦(ごうかん)という凶悪な犯罪」で日本が起訴前に身柄引き渡しを求めれば米側は「好意的考慮を払う」ことで合意した。米兵による事件、事故が多い沖縄では「治外法権」(仲井真弘多知事)との批判が根強いが、両政府は改定でなく運用改善での対応を重ねている。

  • 日米地位協定と第一次裁判権(2010年08月13日 朝刊)

    日米地位協定は、1960年の日米安保条約改定に伴って成立した。在日米軍に対する基地や訓練区域の提侠米軍の日本での権限が定められた全28条からなる協定。第一次裁判権は、刑事事件を最初に審理裁判する権限。地位協定17条は米兵らの犯罪について日米両国の裁判権が競合する場合の第一次裁判権の原則を定めている。米兵らの公務執行中の犯罪などは米軍に第一次裁判権があり、その他は日本がこの権利を有するとしている。

最新ニュース

安倍政権が続く限り、沖縄の民意は無視され続ける(2018/12/15)

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画で、政府は12月14日、海上からの土砂投入を始めました。 来年2月には、辺野古の新基地建設を巡る県民投票が予定されています。沖縄で今何が起き、県民はこれらの…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ホームパーティで力を発揮

    最速6分で! 高速製氷マシン

  • 写真

    【&TRAVEL】からり、さくりと旬の串揚げ

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】「キン肉マン酒場」オープン

    激辛料理に悶絶<PR>

  • 写真

    【&w】SK-Ⅱのポップアップストア

    ビューティー×AR体験〈PR〉

  • 写真

    好書好日実は昭和の肝っ玉母さん?

    モデル・亜希さん、家族語る

  • 写真

    WEBRONZA米国気候変動評価が示す現実

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン最高の眺めと最高のグルメ

    日本を代表するイタリアン

  • 写真

    T JAPAN坂東玉三郎が舞台に託す思い

    難役「阿古屋」を継承する

  • 写真

    GLOBE+ホワイトハウスが暗くなった

    カメラマンが気づいたある変化

  • 写真

    sippoストーブ猫には虐待の過去

    その姿が男の人生を変えた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ