メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

日米地位協定

関連キーワード

  • 日米地位協定(2017年10月29日 朝刊)

    在日米軍基地の管理権は米軍が持つことや、米軍への課税免除、軍人、軍属らの刑事裁判権などについて定める。運用改善や補足協定が結ばれるなどしてきたが、条文は1960年の日米安全保障条約改定に合わせて締結以来、一度も変わっていない。

  • 日米地位協定(2012年11月03日 朝刊)

    1960年に締結。在日米軍の権限や基地使用を規定し、米軍人の犯罪は、協定17条で身柄が米側にあれば起訴まで米側が拘禁すると定める。日本側捜査に支障が大きく、95年の沖縄の少女暴行事件で協定改定の要求が強まったが、両政府は運用改善で対応。「殺人または強姦(ごうかん)という凶悪な犯罪」で日本が起訴前に身柄引き渡しを求めれば米側は「好意的考慮を払う」ことで合意した。米兵による事件、事故が多い沖縄では「治外法権」(仲井真弘多知事)との批判が根強いが、両政府は改定でなく運用改善での対応を重ねている。

  • 日米地位協定と第一次裁判権(2010年08月13日 朝刊)

    日米地位協定は、1960年の日米安保条約改定に伴って成立した。在日米軍に対する基地や訓練区域の提侠米軍の日本での権限が定められた全28条からなる協定。第一次裁判権は、刑事事件を最初に審理裁判する権限。地位協定17条は米兵らの犯罪について日米両国の裁判権が競合する場合の第一次裁判権の原則を定めている。米兵らの公務執行中の犯罪などは米軍に第一次裁判権があり、その他は日本がこの権利を有するとしている。

最新ニュース

奪われた米軍基地への査察権(2018/7/11)

 沖縄の環境問題の本質を理解する上で重要な本が、このほど刊行された。ウェールズ生まれの調査報道ジャーナリストのジョン・ミッチェル氏による『日米地位協定と基地公害―「太平洋のゴミ捨て場」と呼ばれて』(岩…[続きを読む]

!

朝日新聞デジタルヘッドラインの誤送信について

!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ビールがうまい!

    手軽に使えるビールサーバー

  • 写真

    【&TRAVEL】芸術家が愛した南仏のニース

    楽園ビーチ探訪

  • 写真

    【&M】高橋愛を支えきった新垣里沙

    モー娘。復権までの道のり

  • 写真

    【&w】柴犬ハナちゃんがつぶやく

    フォトギャラリー

  • 写真

    好書好日「えがないえほん」大ヒット

    全国行脚した訳者の苦労

  • 写真

    WEBRONZAメジャー前半戦の評価は

    二刀流で想像を超える大活躍

  • 写真

    アエラスタイルマガジンUKジャズとUKソウルが融合

    進化を続けるふたりの来日公演

  • 写真

    T JAPANバーバリーの名品を再解釈

    コラボレーション第二弾が登場

  • 写真

    GLOBE+バリ島のバナナで作る紙

    口コミで広がり世界へ

  • 写真

    sippo愛犬を失った心の傷を癒やす

    小さな猫の意外な行動

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ