メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

日米安保

関連キーワード

  • 米軍機の飛行(2014年10月30日 夕刊)

    日米安保条約で国内での訓練を認められ、在日米軍の日本での権限を定めた日米地位協定に基づき、基地間や基地と民間空港の間を移動できる。協定に伴う特例法で、「最低安全高度」など日本の航空法の一部の適用が除外され、全国で低空飛行訓練を実施。部品の落下や騒音が問題になっている。

  • 核持ち込みをめぐる日米密約(2008年12月22日 朝刊)

    60年1月の日米安保条約改正時に、日本国内での核兵器貯蔵・配備は日米間の事前協議が必要としたが、秘密合意で核兵器を積んだ米艦船の寄港、航空機の領空の一時通過などの場合、事前協議は不要とした。00年に米政府の公文書で明るみに出た。日本政府は密約の存在を否定している。

  • 核持ち込みをめぐる日米間の密約(2009年08月15日 朝刊)

    60年の日米安保条約改定時に、日本国内へ核兵器を持ち込む場合などには、日米間の事前の協議が必要と定められた。しかし、核兵器を積んだ米艦船や航空機の領空・領海の一時通過や寄港などの場合は事前協議は不要とする秘密合意があった。米側で見つかった当時の討議記録には、事前協議は「米軍機の日本飛来、米海軍艦艇の日本領海並びに港湾への進入に関する現行の手続きに影響を与えない」と記されている。74年にラロック元海軍少将が米議会で「米艦は日本寄港の際、核武装を解かない」と証言。81年にはライシャワー元駐日大使が「核兵器を積んだ艦船の寄港は、核持ち込みにはあたらない。日米間で、口頭了解がある」と発言した。今年になって村田良平元外務事務次官も密約の存在を証言したが、政府は一貫して否定し続けている。

最新ニュース

写真・図版

緊張高まる島嶼防衛、元陸将が語る 奪還能力こそ抑止力(2021/6/11)有料会員記事

 東シナ海、南シナ海の平和は保たれるのか。中国の空母などが展開するのに対し、米海軍が監視を強める。台湾海峡でも米中はにらみ合う。また中国は武器の使用を含む措置を可能とする海警法を施行し、尖閣諸島周辺の…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】スパイス感しっかりのカレー

    カマル2号(東京・亀戸)

  • 写真

    【&TRAVEL】「古きよき日本」を感じる湯

    楽しいひとり温泉 台湾

  • 写真

    【&Travel】イスタンブールの食と猫たち

    あの街の素顔

  • 写真

    【&M】意欲的なアート作品がずらり

    NYで訪れるべきギャラリー 

  • 写真

    【&w】雲のようにふわふわ

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日「無人島でも俳句を作る?」

    川上弘美・フルポン村上が対談

  • 写真

    論座「3高」が男子を追い詰めた

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン70年代と今をつなぐ一足

    オニツカタイガーのスニーカー

  • 写真

    Aging Gracefullyマスク焼けにご注意を

    紫外線量は年々増加傾向に

  • 写真

    GLOBE+フォロワー、265万人

    本名秘密のインスタグラマー

  • 写真

    sippo完全室内飼いの猫

    ワクチンやノミ予防は必要?

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ