メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

旧ソ連

関連キーワード

  • 中ロ(旧ソ連)国境交渉(2010年08月18日 朝刊)

    1964年に始まった。幾度かの中断を経て、87年に再開。ソ連の最高指導者・ゴルバチョフ書記長(当時)が「河川の主要航行水路を国境にしてもよい」と譲歩方針を示したのがきっかけだった。90年代に大部分が画定したが、黒瞎子島で互いに譲らず交渉は難航。2000年に就任したロシアのプーチン大統領(当時)が中国の首脳とトップ会談を繰り返して04年に完全解決で合意。黒瞎子島と銀竜島の2島の総面積をほぼ折半することで決着し、335平方キロのうち171平方キロが中国領となった。

  • 旧ソ連によるシベリア抑留(2015年01月01日 朝刊)

    1945年8月の終戦後、旧ソ連が旧満州、樺太、千島から約57万5千人の軍人らをシベリアなどに強制抑留した。酷寒の地で強制労働を強いられ、抑留中に約5万3千人(モンゴル除く)が死亡した。ロシア政府から提供された抑留者の資料をもとに、国が抑留中死亡者の特定作業を続けている。

  • 旧ソ連による日本人抑留(2014年08月24日 朝刊)

    1945年8月の終戦後、旧ソ連は、旧満州や樺太(現ロシア・サハリン)などにいた日本人を収容所へ移送。多くが酷寒の地で強制労働や飢えに苦しんだ。厚生労働省によると、シベリアなどに抑留された57万5千人のうち5万5千人が死亡したとされる。

最新ニュース

写真・図版

たんぱく質枯渇の人類を救うのは サナギ?藻?人工肉?(2019/5/23)有料記事

 世界の人口は増え続け、2030年には86億人に達しそうだ。遠くないうちに家畜の飼料生産が追いつかなくなり、たんぱく質不足に陥るかもしれない。解決策は昆虫食か、藻類か人工培養肉か……。企業や大学の模索…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ