メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

旭日中綬章

関連キーワード

  • アンジェイ・ワイダ氏(2017年02月09日 朝刊)

    祖国ポーランドの苦難の現代史を一貫して描いてきた映画監督。1926年、ポーランド北東部の町スワルキに生まれ、第2次世界大戦中には対独レジスタンス運動に参加した。レジスタンスの体験を基にした長編監督デビュー作「世代」(54年)を始め、「地下水道」(56年)、「灰とダイヤモンド」(58年)などで国際的な評価を得た。権力と闘う労働者を描いた「鉄の男」(81年)で、カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞。89年、歌舞伎役者の坂東玉三郎を主演にドストエフスキーの「白痴」を下敷きにした舞台「ナスターシャ」を演出。95年に日本政府から勲三等旭日中綬章を受けた。昨年10月、90歳で死去。

旭日中綬章をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ