メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

明日香村

関連キーワード

  • 須弥山(2008年08月12日 夕刊)

    インドが起源とされ、仏教の世界観の中心にあると言われる高山。複数の山や川、海などの自然が表現されている。日本で有名なのは奈良県明日香村で見つかった7世紀の須弥山石。一部が失われたものの、山などが刻まれていることが分かる。

  • 飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群(2011年06月26日 朝刊)

    橿原市、桜井市、明日香村の3市村にある飛鳥時代(6世紀末〜710年)の史跡や名勝28件から構成される。東アジアとの交流の中で、「日本」が誕生する歴史が刻まれた場として重要な価値があるとしている。県内四つ目の世界遺産登録を目指し、2007年に暫定リストに掲載された。主な構成資産は石舞台古墳、高松塚古墳、キトラ古墳、飛鳥京跡苑池(えんち)、藤原宮跡、大和三山など。

  • 装飾古墳(2016年04月06日 朝刊)

    墓室を彩色や線刻による絵や彫刻などで飾った5〜8世紀の古墳。九州や東日本を中心に全国に600基以上ある。熊本、福岡両県には、石室に幾何学模様や船、騎馬、鳥などを描いた古墳が集中し、その影響を受けた彩色や線刻のある墓は北陸や東北地方まで広がっている。写実的な極彩色壁画で知られる奈良県明日香村の高松塚、キトラ両古墳も装飾古墳の一種だが、系統が異なるとされる。

最新ニュース

写真・図版

世界遺産へ、ねらいはどこに? 彦根城VS飛鳥・藤原(2020/11/18)会員記事

 世界遺産をめざすのは、なぜか。ともに早期の登録実現をねらい推薦書原案を出した「彦根城」(滋賀県)と「飛鳥・藤原の宮都(きゅうと)とその関連資産群」(奈良県)。リストの飽和状態や制度疲労が指摘されるな…[続きを読む]

明日香村をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】プログラミング教育の本質

    利根川裕太さんが語る

  • 写真

    【&M】BTSは「壁」を乗り越えた

    注目のグラミー賞ノミネートは

  • 写真

    【&TRAVEL】シャキシャキのレタス

    1日1旅

  • 写真

    【&M】まばゆい光に誘われて

    イルミネーションに癒やされる

  • 写真

    【&w】重ね着が楽しい季節到来!

    シトウレイの好きな服、似合う服

  • 写真

    好書好日俳優は〈空っぽ〉の器が理想

    松重豊さん、役者人生を語る

  • 写真

    論座トランプは政権移行へ協力を

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンジャパンメイドの品々。

    こだわりの靴

  • 写真

    T JAPANカルティエの新フレグランス

    心を癒す3つの香り

  • 写真

    GLOBE+再生のキーワードは「G+」

    国際秩序を保つヒントとは

  • 写真

    sippo飼育放棄されていた犬はな

    少女は愛情を注ぎ、見送った

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ