メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

暴走族

関連キーワード

  • 暴走族(2013年04月16日 朝刊)

    警視庁や道府県警が認定する。形態により、爆音をたてながら集団で暴走する「共同危険型」と、山岳道路で運転技術を競うローリング族、直線区間の走行時間を競うゼロヨン族などと呼ばれる「違法競争型」がある。警察庁によると、全国の暴走族は、2008年は651グループ、1万1516人だったが、12年には392グループ、7297人と減少傾向にある。

  • 県少年保護育成条例(2009年01月30日 朝刊)

    9条第2項では、18歳未満にコンドームなどの避妊用品を「販売し、または贈与しないように努めるものとする」と定めている。販売しても罰則はない。条例は、暴走族など若者が荒れていた78年に「少年を取り巻く社会環境を浄化する」ため全面改正された。

  • 南足柄市の拳銃強奪事件(2009年03月10日 朝刊)

    南足柄市生駒で昨年12月21日、松田署の男性巡査が暴走族を追跡中、少年2人に実弾5発入りの拳銃と手錠を奪われた。巡査の通報で急行した松田署員が、現場近くの民家の庭に隠れていた私立高校3年のペルー国籍の男子生徒(17)と無職の少年(16)を公務執行妨害と強盗致傷の疑いで緊急逮捕した。実弾5発は拳銃に残っていた。

最新ニュース

沖縄の若者たちの「地元」、先入観なく見続けた10年の成果 打越正行さん「ヤンキーと地元」(2019/5/21)

お話を聞いた⼈打越正行(うちこし・まさゆき)社会学者1979年生まれ。2016年、首都大学東京人文科学研究科で論文博士号(社会学)取得。特定非営利活動法人「社会理論・動態研究所」研究員、沖縄国際大学南…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ