メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月12日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

書記長

関連キーワード

  • 中ロ(旧ソ連)国境交渉(2010年08月18日 朝刊)

    1964年に始まった。幾度かの中断を経て、87年に再開。ソ連の最高指導者・ゴルバチョフ書記長(当時)が「河川の主要航行水路を国境にしてもよい」と譲歩方針を示したのがきっかけだった。90年代に大部分が画定したが、黒瞎子島で互いに譲らず交渉は難航。2000年に就任したロシアのプーチン大統領(当時)が中国の首脳とトップ会談を繰り返して04年に完全解決で合意。黒瞎子島と銀竜島の2島の総面積をほぼ折半することで決着し、335平方キロのうち171平方キロが中国領となった。

  • アウン・サン・スー・チーさん(2010年11月14日 朝刊)

    「ビルマ独立の父」と敬愛される故アウン・サン将軍の長女。インドや英国で政治学などを学んだ。母親の看病で帰国した88年、民主化を求める大規模な学生デモと激しい武力弾圧を目の当たりにして国民の前で初めて演説。民主化運動の象徴となった。同年、国民民主連盟(NLD)を創設し、書記長に就いた。91年、ノーベル平和賞を受賞。英国人学者の夫(99年病没)との間に2人の息子がいる。

  • ココラットさん(2012年03月27日 朝刊)

    ヤンゴン育ち。元全ビルマ高校学生連盟書記長。1990年に反政府活動を理由に逮捕され、釈放後も監視を受けたため、91年にタイ経由で来日以来、帰国できない。2001年に政治難民に認定。日本で結成したビルマ民主化支援会(SCDB)の代表。ガラス加工工場で働きながら、日本人の妻、息子と暮らす。連絡はメール(info@scdb.org)へ。

最新ニュース

写真・図版

(日曜に想う)永田町 主役は4氏か、それとも… 編集委員・曽我豪(2019/12/1)有料記事

 長期政権が極まっても、永田町のポスト安倍探しの論議は心もとない。 「自民党に本命候補が現れない」といい、「野党に自民党を脅かす候補がいない」といい、決まって最後はこの慨嘆である。「政治家がみな小粒に…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】マネのあの絵が来日中!

    上野で今週末まで

  • 写真

    【&TRAVEL】『この世界の片隅に』新作

    劇場鑑賞券プレゼント

  • 写真

    【&M】「いだてん」ファン必見!

    金栗四三の“聖地”を巡った

  • 写真

    【&w】又吉直樹の正体

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日クリスマスの定番シュトレン

    「真夜中のパン屋さん」に登場

  • 写真

    論座旭化成より早かった特許の謎

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン男の勝負コートはコレ!

    デザインの選び方とは?

  • 写真

    T JAPAN魅惑の「ケニア」を旅する

    絶景ホテル&アクティビティ

  • 写真

    GLOBE+ベルリンの壁崩壊から30年─

    壁崩壊は次の歴史の伏線だった

  • 写真

    sippo保護犬の訓練をお手伝い

    養護施設の子たちに大きな変化

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ