メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

最後の審判

関連キーワード

  • バチカン博物館(2009年02月21日 朝刊)

    バチカン市国の宮殿内の美術館や博物館の総称。歴代ローマ法王の膨大なコレクションを収める。収蔵品はギリシャ・ローマの古代彫刻、古代エジプトの埋葬品、キリスト教美術の絵画など多彩で、ミケランジェロの壁画「最後の審判」があるシスティーナ礼拝堂では法王選挙(コンクラーベ)も行われる。他に、ラファエロの「アテネの学堂」、レオナルド・ダビンチの「荒野の聖ヒエロニムス」などが有名。

  • システィーナ礼拝堂(2010年10月08日 朝刊)

    15世紀後半、ローマ法王シクストゥス4世の命で建てられた。礼拝堂は奥行き40・23メートル、幅13・41メートル、高さ20・7メートル。「アダムの創造」「楽園追放」など旧約聖書の創世記をテーマにした天井画と、祭壇奥の壁面画「最後の審判」は、いずれもミケランジェロ作のフレスコ画。法王を選ぶ会議コンクラーベが行われる神聖な場所でもある。

  • フレスコ壁画(2013年12月06日 朝刊)

    ヨーロッパ中世後期からルネサンスを中心に、フレスコと呼ばれる手法で描かれた壁画。サン・フランチェスコ聖堂(イタリア)にあるジョットの壁画やシスティナ礼拝堂(バチカン)にあるミケランジェロの「最後の審判」などが知られる。壁に漆喰(しっくい)(水酸化カルシウム)を塗り、乾くまでの約8時間のうちに顔料を水で溶いたもので絵を描く。漆喰は乾燥すると固い炭酸カルシウムに化学変化するので、絵は中に閉じ込められ耐久性が高い。しかし建造物と一心同体のため、近年イタリアなどでその保存と修復が問題になっている。高松塚古墳やキトラ古墳の壁画も、漆喰に描いている点では共通している。

最新ニュース

大阪都構想、最終案を可決 大阪維新、11月に住民投票めざす(2020/6/20)有料会員記事

 大阪都構想をめぐる大阪府と大阪市の法定協議会は19日、都構想の最終案を賛成多数で可決した。最終案は週明けに総務省へ提出する。都構想を主導する大阪維新の会は新型コロナウイルスの感染が落ち着けば、11月…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&w】ハルキも無印も「雑貨化」

    ほんやのほん

  • 写真

    【&TRAVEL】川の小石と砂が決め手!

    オー・メドックのワイン

  • 写真

    【&M】あなたはどのタイプ?

    AIが日本酒の好みを判定!

  • 写真

    【&w】パンなのにジュースのよう

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日昭和歌謡曲のディープな世界

    平成生まれのシンガーがガイド

  • 写真

    論座新興右翼と歴史教科書

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン初めて買ったポール・スミス

    漫画家/コラムニスト 渋谷直角

  • 写真

    T JAPANモードな”脳内トリップ”

    メゾンブランドの注目スタイル

  • 写真

    GLOBE+AIベンチャー続々誕生

    「松尾研」の必勝法

  • 写真

    sippoまずは見分けることから!?

    ビビリな子猫2匹を慣らすまで

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ