メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

最高裁判事

関連キーワード

  • 原爆被爆者対策基本問題懇談会(2010年10月25日 朝刊)

    1978年、韓国人の被爆者健康手帳交付を巡る訴訟の最高裁判決で「原爆医療法には、国家補償的配慮が根底にある」と判断されたことをきっかけに被爆者対策の理念を明確にするため設置された。委員(全員故人)は、茅誠司・東京大名誉教授(座長)▽大河内一男・東京大名誉教授▽緒方彰・NHK解説委員室顧問▽久保田きぬ子・東北学院大教授▽田中二郎・元最高裁判事▽西村熊雄・元フランス大使▽御園生圭輔・原子力安全委員会委員の7人。

  • 報道と人権委員会(PRC)(2014年11月25日 朝刊)

    朝日新聞社と朝日新聞出版の記事に関する取材・報道で、名誉毀損(きそん)などの人権侵害、信用毀損、記者倫理に触れる行為があったとして、寄せられた苦情のうち、解決が難しいケースを審理する常設の第三者機関。朝日側は調査結果の「見解」を尊重する、などと定めている。現在の委員は、早稲田大学教授(憲頬の長谷部恭男氏、元最高裁判事で弁護士の宮川光治氏、元NHK副会長で立命館大学客員教授の今井義典氏。

  • 宮内庁参与(2016年10月18日 朝刊)

    天皇家の重要事項の相談役。現在は5人で、宮内庁元長官の羽毛田信吾、元侍従長の渡辺允、元最高裁長官の竹崎博允、元警察庁長官の国松孝滋元検事総長の原田明夫の各氏。過去には最高裁判事の故・団藤重光氏、東大名誉教授の三谷太一郎氏らが務めた。定期的に参与会議が開かれ、宮内庁幹部らを交え、天皇、皇后両陛下と意見を交わしている。

最新ニュース

写真・図版

血のメーデー事件では増えたが… 勾留理由開示が使われないわけ(2022/8/19)

 裁判官が、勾留した理由を容疑者や被告に説明する「勾留理由開示」という刑事手続きがあまり使われていない。憲法に明文化された容疑者らの権利なのに、なぜなのか――。手続きができた経緯や歴史などを取材した。…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】母の夢は移動式本屋

    花のない花屋

  • 写真

    【&M】洗練されたスポーツカー

    新型「フェアレディZ」

  • 写真

    【&Travel】お城の中に街道が通る!

    城旅へようこそ・森寺城

  • 写真

    【&M】停止中もエアコンを動かせる

    開発中のシステム

  • 写真

    【&w】まるで赤ちゃんのほっぺ

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日チリメンモンスターって何?

    ジャコの中の生き物を絵本に

  • 写真

    論座旧統一教会は宗教法人か?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこの人から買いたいこの一品

    オン・オフ使えるグルカパンツ

  • 写真

    Aging Gracefully更年期&フェムのケア

    いつまでも美しく健やかに

  • 写真

    GLOBE+コロナ前の半額も

    有名ホテルが相次ぎ値下げ

  • 写真

    sippoけがした成猫を家族に迎えた

    仲良しトリオがカルテットに

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ