メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

朗読劇

関連キーワード

  • 伊藤さんと堺雅人さん(2014年10月04日 朝刊)

    宮崎南高校にいた1989年、堺雅人さんが入学。1年のとき現代社会を教えた。堺さんが若山牧水に親近感を抱くようになったのは、伊藤さんの著書『あくがれゆく牧水』(鉱脈社)だった、とエッセー集「文・堺雅人」(文芸春秋)で記している。若山牧水賞の授賞式で堺さんが朗読劇を披露したり、牧水について語り合った対談本を出したり、交流は今も続く。

  • 夏の会(2017年07月21日 朝刊)

    戦後40年の1985年から被爆者の手記などで構成した朗読劇「この子たちの夏」に出演した女優たちが、上演母体の解散に伴って2008年に結成。新しい台本「夏の雲は忘れない」をつくり、全国で公演を続けている。各公演では16人のメンバーから交代で6人が、地元の有志と一緒に出演する。メンバーは、岩本多代、大橋芳枝、大原ますみ、大森暁美、長内美那子、川口敦子、北村昌子、神保共子、高田敏江、寺田路恵、中村たつ、日色ともゑ、柳川慶子、山口果林、山田昌、渡辺美佐子(敬称略、50音順)。

  • 夏の会(2017年07月21日 朝刊)

    戦後40年の1985年から被爆者の手記などで構成した朗読劇「この子たちの夏」に出演した女優たちが、上演母体の解散に伴って2008年に結成。新しい台本「夏の雲は忘れない」をつくり、全国で公演を続けている。各公演では16人のメンバーから交代で6人が、地元の有志と一緒に出演する。メンバーは、岩本多代、大橋芳枝、大原ますみ、大森暁美、長内美那子、川口敦子、北村昌子、神保共子、高田敏江、寺田路恵、中村たつ、日色ともゑ、柳川慶子、山口果林、山田昌、渡辺美佐子(敬称略、50音順)。

最新ニュース

写真・図版

試練のとき越え、さあ幕開けだ 劇団新派、1年8カ月ぶり本公演 水谷八重子(2021/9/16)会員記事

 1年8カ月に及ぶステイホーム生活で考え続けたのは芝居のことばかり。劇団新派の水谷八重子は、10月に東京・新橋演舞場で上演される「十月新派特別公演」を「こんなうれしいことはございません」と喜ぶ。 芸歴…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】現代美術家を虜に!

    NY「2番街」の注目文化施設6選

  • 写真

    【&Travel】密避け楽しむ庭園ライブ

    楽しいひとり温泉 新潟

  • 写真

    【&TRAVEL】モデル・はな、湯河原の旅

    帰り道も思いっきり楽しむ

  • 写真

    【&M】いつまで経っても動けない

    トップクライマー二人の葛藤

  • 写真

    就寝中の髪を守る「YOLU」

    ヘアケアセットを3名様に

  • 写真

    好書好日猫歌人が伝えたい11のこと

    保護猫と暮らす仁尾智が出版

  • 写真

    論座「コロナは収束」麻生発言

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン新たな宿泊のカタチとは?

    空との一体感を味わうホテル

  • 写真

    Aging Gracefully心も体も甘やかすおうち服

    自分をいたわるウエア

  • 写真

    GLOBE+高専生、ハッカソン最優秀賞

    研究の源は楽しいという気持ち

  • 写真

    sippo愛犬の死...悲しみ癒えず

    でも受け入れられるように

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ