メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

未就学児

関連キーワード

  • 県内の乳幼児医療助成制度(2008年12月12日 朝刊)

    未就学児までの児童を対象に、1医療機関につき1日800円、1カ月1600円を自己負担の上限として、超過した金額を助成する。保護者が医療機関で支払った後、自治体の窓口に領収書を持参して申請する「償還払い」と、自己負担分のみを医療機関で支払う「現物給付」がある。償還払いでは、手続きから1、2カ月後に保護者に振り込まれる。長崎、大村両市を除く市町は償還払いを採用している。

  • 県のこども医療費助成制度(2010年02月16日 朝刊)

    これまで未就学児童の入通院に対して市町に助成していたものを、10月以降は入院費に限って中学3年まで広げる。自己負担は1日500円以下で済むようになる。補助率は県の財政力指数より低い市町は2分の1、高い市町は3分の1、政令指定市は6分の1。県は医療機関でそのまま受給できる「現物給付」を原則としているが、一部の市町では受給者証交付の手間などを理由に、後日患者が自治体に申請する「償還払い」を予定している。

  • どんぐりひろば(2010年06月02日 朝刊)

    1967年、戦後復興の区画整理でできた空き地を未就学児の遊び場として活用しようと、名古屋市が独自に始めた。都市公園法の定める街区公園は2500平方メートルの敷地が標準、児童福祉法の定める児童遊園は330平方メートル以上とされているが、「ひろば」は30平方メートルから設置できる。市が用意するのは土地と鉄棒、砂場。遊具の補修は市がするが、遊具の購入や掃除などは町内会の責任。運営への補助金はない。

最新ニュース

写真・図版

遺跡で現代アート 「気の生まれる時空間」創出(2020/10/21)

 三重県伊賀市にある国指定名勝・史跡の城之越遺跡に、巨大作品を含む現代アート群が出現した。地元の彫刻家大平和正さんが作品を通じて、「環境造化・気の生まれる時空間」を創出するユニークな企画。市文化都市協…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】YOASOBIインタビュー

    クリエーティブの源泉を探る

  • 写真

    【&M】『夫のちんぽ』作家の幸福論

    「おしまいの地」での気付き

  • 写真

    【&TRAVEL】「半沢直樹」の役者にお薦め

    岐阜県・郡上

  • 写真

    【&M】優雅なスタイルで時速343キロ

    ジャガーXJ220

  • 写真

    【&w】食いしん坊夫妻の継承レシピ

    私のファミリーレシピ

  • 写真

    好書好日昭和歌謡曲のディープな世界

    平成生まれのシンガーがガイド

  • 写真

    論座国連75周年で高校生が対話

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン時代を超えて旬になる、

    ビンテージ調のスタイル。

  • 写真

    T JAPAN食べ物は「武器」になる?

    平等な社会に「栄養」は必要だ

  • 写真

    GLOBE+戦闘続くナゴルノ・カラバフ

    なぜロシアとトルコがカギか

  • 写真

    sippoふてぶてしいのにかわいい

    猫の豊満ボディの愛し方

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ