メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

未就学児

関連キーワード

  • 県内の乳幼児医療助成制度(2008年12月12日 朝刊)

    未就学児までの児童を対象に、1医療機関につき1日800円、1カ月1600円を自己負担の上限として、超過した金額を助成する。保護者が医療機関で支払った後、自治体の窓口に領収書を持参して申請する「償還払い」と、自己負担分のみを医療機関で支払う「現物給付」がある。償還払いでは、手続きから1、2カ月後に保護者に振り込まれる。長崎、大村両市を除く市町は償還払いを採用している。

  • 県のこども医療費助成制度(2010年02月16日 朝刊)

    これまで未就学児童の入通院に対して市町に助成していたものを、10月以降は入院費に限って中学3年まで広げる。自己負担は1日500円以下で済むようになる。補助率は県の財政力指数より低い市町は2分の1、高い市町は3分の1、政令指定市は6分の1。県は医療機関でそのまま受給できる「現物給付」を原則としているが、一部の市町では受給者証交付の手間などを理由に、後日患者が自治体に申請する「償還払い」を予定している。

  • どんぐりひろば(2010年06月02日 朝刊)

    1967年、戦後復興の区画整理でできた空き地を未就学児の遊び場として活用しようと、名古屋市が独自に始めた。都市公園法の定める街区公園は2500平方メートルの敷地が標準、児童福祉法の定める児童遊園は330平方メートル以上とされているが、「ひろば」は30平方メートルから設置できる。市が用意するのは土地と鉄棒、砂場。遊具の補修は市がするが、遊具の購入や掃除などは町内会の責任。運営への補助金はない。

最新ニュース

写真・図版

舞台・音楽 ご招待 マリオン(2022/6/24)

 ■シス・カンパニー公演「ザ・ウェルキン」 7月7日[木]~31日[日](10、18、25日を除く)、東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーン(渋谷駅)。英国の若手劇作家ルーシー・カークウッドの…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】「おうちで香港」アンケート

    ポーチなど50名様に

  • 写真

    【&w】東京大人お洒落女子とは

    シトウレイの好きな服似合う服

  • 写真

    【&Travel】花街の外れ、懐かしい喫茶店

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】“至高の焼肉セット”に

    メスティンの中身を衣替え

  • 写真

    【&w】バジルの香り際立つパスタ

    冷水希三子の何食べたい

  • 写真

    好書好日寺山修司を支えた中学教師

    青春時代、三沢の師へ手紙

  • 写真

    論座BTSと韓国の若者たち

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン俳優・塩野瑛久を魅了する物

    自分らしさを出すジュエリー

  • 写真

    Aging GracefullyAging Gracefully5周年

    メイキング風景を大公開!

  • 写真

    GLOBE+『ベイビー・ブローカー』

    助監督が語る撮影の舞台裏

  • 写真

    sippoビビりな愛猫と社交的な愛猫 

    それぞれ可愛いところベスト3

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ