メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月06日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

本願寺

関連キーワード

  • 浄土真宗本願寺(2020年06月10日 朝刊)

    本山は西本願寺(京都市下京区)で「お西さん」と親しまれる。宗祖は鎌倉時代の親鸞で17世紀初頭に西と東(現在の真宗大谷派)に分かれた。国家総動員体制の下で太平洋戦争を「聖戦」と位置づけ門徒を戦争に駆り立てた過去の責任を認める決議を1991年にした。今年4月時点で全国に1万129カ寺。国の宗教統計調査によると信者は約790万人(2018年末)。

  • 大阪城(2010年12月31日 朝刊)

    もとは浄土真宗本願寺派の大坂本願寺(石山本願寺)があったが、1580年に織田信長の攻撃で焼失。秀吉が跡地に着工して4重の堀を張り巡らした。現大阪城公園の広さは甲子園球場27個分あるが、豊臣時代はその4倍あったといわれる。2代目天守閣は1665年に落雷で焼け、現在の3代目(高さ約54メートル)は秀吉が建てた城がモデル。1931年、市民から150万円(今なら約700億円相当)の募金を受けて再建された。城の天守閣復興では国内第1号。

  • 井波彫刻(2011年06月20日 夕刊)

    1762年に焼失した瑞泉寺を再建するため、京都の本願寺の御用彫刻師が井波の大工に技を伝えたのが始まりとされる。寺社彫刻をはじめ、天神像や獅子頭の置物、豪華な欄間の彫刻で知られ、明治期には海外へも輸出された。近年は看板や額など製品の幅が広がり、美術の公募展に出品する人も。井波彫刻協同組合によると、現在、約120軒の工房で約200人の彫刻師が活動する。

最新ニュース

写真・図版

自決でなく「強制死」 ドキュメンタリーで伝える沖縄戦(2020/7/28)会員記事

 75年前、沖縄で何があったのか。戦争を生き抜いた人たちの証言と米軍が残した映像などで伝える「ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」が今月末から順次、関西の映画館で公開される。取材から3年を…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】親でありYouTuber

    鈴川絢子さんインタビュー

  • 写真

    【&w】大好きな叔母がALSに

    花のない花屋

  • 写真

    【&TRAVEL】路線バスで巡る与那国島

    クリックディープ旅

  • 写真

    【&M】邦画界へ警鐘を鳴らす真意

    俳優・池松壮亮の責任の取り方

  • 写真

    【&w】野菜たっぷり汁なし混ぜ麺

    パリの外国ごはん レシピ

  • 写真

    好書好日世界と自分を発見する瞬間

    最果タヒさんの絵本「ここは」

  • 写真

    論座世田谷モデルを全国に

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン暑い季節のスーツの着こなし

    クールな着こなしの鍵は?

  • 写真

    T JAPAN日本のスター美術家の軌跡

    草間彌生から村上隆まで

  • 写真

    GLOBE+米国に広がるニューノーマル

    家庭菜園ブームと地域農園

  • 写真

    sippo熱い涙が頰をつたう

    号泣できる犬の映画3選

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ