メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

札幌地裁

関連キーワード

  • 原爆症の北海道訴訟(2009年08月07日 朝刊)

    札幌地裁は昨年9月、被爆者側実質勝訴の判決を言い渡し、同年4月からの国の新基準で原爆症と認めた3人以外の4人全員を認定。厚労相側は控訴した。一方で「認定されずに精神的な苦痛を受けた」として1人300万円を求めた損害賠償では7人全員の請求が棄却され、被爆者7人が控訴、7月に札幌高裁で第1回口頭弁論があった。別の原告2人の訴訟も札幌地裁で続いており、うち1人は7月に原爆症と認定された。

  • 札幌の信金職員殺害事件(2010年08月30日 朝刊)

    1990年12月、札幌市西区の信金職員生井宙恵さん(当時24)が帰宅途中、自宅近くで首など数カ所を刃物で刺され、殺害された。札幌西署は近くに住む男(当時22)を殺人容疑で全国に指名手配。遺族は200万円の懸賞金をかけて情報を募るなどしたが、男は逮捕されないまま2005年12月19日午前0時、時効を迎えた。宙恵さんは男と面識がなく、襲われた理由は分かっていない。07年9月、遺族は「法廷で犯人と認定してもらいたい」と、行方不明の男を相手に損害賠償を求め提訴。札幌地裁は男に約7500万円の支払いを命じる判決を出した。

  • B型肝炎集団訴訟(2011年12月23日 朝刊)

    1948〜88年に国が市町村にさせた乳幼児への集団予防接種で注射器が使い回され、多くの人がB型肝炎ウイルスに感染した。2008年から、感染した人が札幌や新潟など全国10地裁で国に損害賠償を求めて提訴。今年6月、札幌地裁が示した和解案を全国原告団と国の双方が受け入れ、各地裁で和解が進む。和解金は症状によって50万〜3600万円と差がある。

最新ニュース

「安保法違憲」の訴え棄却 東京地裁、憲法判断せず(2019/11/8)有料記事

 集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法が憲法に違反するかが争われた訴訟の判決で、東京地裁(前沢達朗裁判長)は7日、憲法判断をせずに原告の請求を棄却した。全国各地で起こされている一連の訴訟で、判決は…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】“ぬりもの”で食卓を格上げ

    素材の魅力を引き出す器

  • 写真

    【&TRAVEL】“リフレクション紅葉”って?

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】森達也、思考停止記者に警鐘

    「社会もメディアも覚醒を」

  • 写真

    【&w】母から受け継いだ装い

    装いの物語り

  • 写真

    好書好日社会常識にハマれなかった俺

    ラッパー推薦「日常賛歌」の本

  • 写真

    論座ネットニュースのキャスター

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン老舗が作る本格派ダウン

    ピレネックスの逸品

  • 写真

    T JAPAN巨匠デザイナーの邸宅

    オズヴァルド・ボルサーニ

  • 写真

    GLOBE+リブラは「世界最悪の通貨」

    『貨幣論』著者が説く

  • 写真

    sippo警察犬「いっちゃん」お手柄

    行方不明の高齢者発見

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ