メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

札幌高裁

関連キーワード

  • 原爆症の北海道訴訟(2009年08月07日 朝刊)

    札幌地裁は昨年9月、被爆者側実質勝訴の判決を言い渡し、同年4月からの国の新基準で原爆症と認めた3人以外の4人全員を認定。厚労相側は控訴した。一方で「認定されずに精神的な苦痛を受けた」として1人300万円を求めた損害賠償では7人全員の請求が棄却され、被爆者7人が控訴、7月に札幌高裁で第1回口頭弁論があった。別の原告2人の訴訟も札幌地裁で続いており、うち1人は7月に原爆症と認定された。

  • 長沼ナイキ基地訴訟(2013年05月05日 朝刊)

    長沼町に航空自衛隊のナイキミサイル基地を建設するため、国が保安林の指定を解除したことに対し、住民が取り消しを求めた訴訟。1973年9月、札幌地裁は、自衛隊は憲法9条が禁じた陸海空軍に該当し、違憲であるため、保安林の解除は公益上の理由がないとして、無効との判断を下した。しかし、国の控訴による二審で、札幌高裁は76年8月、住民側には訴えの利益がないとして地裁判決を破棄。住民側は上告したが、最高裁は82年、これを棄却した。

  • 恵庭女性殺人事件(2013年12月27日 朝刊)

    2000年3月17日、恵庭市北島の路上で、苫小牧市の会社員橋向香さん(当時24)の焼けた死体が見つかり、元同僚だった大越美奈子受刑者が殺人などの容疑で逮捕、起訴された。目撃証言などの直接証拠がなく、大越受刑者は捜査段階から一貫して犯行を否認。一審・札幌地裁は幾つかの状況証拠から殺害方法や場所を特定しないまま有罪認定し、懲役16年を言い渡した。札幌高裁、最高裁も一審判決を支持し、確定した。

最新ニュース

写真・図版

岡山)「理不尽な判決」一票の格差「合憲」憤る原告(2019/11/1)有料記事

 「一票の格差」が最大3・00倍だった7月の参院選を「合憲」と判断した31日の広島高裁岡山支部判決。弁護士グループが各地で起こした同様の訴訟では、高松と札幌の両高裁で違憲の一歩手前の「違憲状態」判断が…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】日本初の大規模個展

    カミーユ・アンロ「蛇を踏む」

  • 写真

    【&TRAVEL】信州別所温泉で戦国武将気分

    楽しいひとり温泉

  • 写真

    【&M】『東京クロノス』開発秘話

    ディレクター柏倉晴樹

  • 写真

    【&w】北欧ビンテージを楽しむ

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日障害者の体に蓄積された経験

    伊藤亜紗さん「記憶する体」

  • 写真

    論座立憲民主党と消費税5%

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンアートとサブカルの境界線

    「ペロタン」の挑戦とは

  • 写真

    T JAPAN北の国の人気フレンチ店

    本当の夢の叶え方

  • 写真

    GLOBE+通貨の未来はどうなるのか

    経済学者・岩村充に聞いた

  • 写真

    sippo民間で愛護センター機能担う

    広々施設で犬・猫のびのび

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ