メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

東久留米市

関連キーワード

  • イオン出店計画(2010年04月20日 朝刊)

    東久留米市南沢の銀行グラウンド跡地5・5ヘクタールに計画されている。延べ床面積約8万平方メートル、駐車場収容台数は約1700台。「税収増と雇用創出につながる」などとして野崎重弥・前市長が誘致したが、周辺住民や市内の商店主らは反対している。市は都市計画法に基づく地区計画を定める手続きを進めており、市長交代前の昨年12月、計画案に対する都知事の同意を得た。

  • 柳久保小麦(2012年05月24日 朝刊)

    1851(嘉永4)年、今の東久留米市柳窪に住んでいた奥住又右衛門が旅先から持ち帰った一穂から生まれたとされる。こしが強く風味に優れ、うどんに最適だったが、丈が長くて倒れやすく大量生産に向かないため、食糧増産が急務だった戦時中の1942年以降は作られなくなった。又右衛門の4代目にあたる奥住和夫さんが88年、国の研究所に保存されていた種を譲り受け、栽培を復活させた。

最新ニュース

(ひととき)熱海の海、泳ぎを堪能(2019/8/20)有料会員限定記事

 水泳仲間と毎年のように行っていた千葉・安房小湊の海の民宿から、今年は料理ができない、との知らせがあった。宿の主人の老齢のためである。急きょ娘に手配してもらい、熱海へ1泊で行くことになった。 魚料理が…[続きを読む]

東久留米市をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ