メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月12日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

東京慈恵会

関連キーワード

  • 高血圧治療薬 不正問題(2014年02月19日 夕刊)

    ノバルティスが2000年から国内で販売する高血圧治療薬「ディオバン」について、02〜10年に京都府立医大、東京慈恵会医大、滋賀医大、千葉大、名古屋大の計5大学が臨床研究を実施。慈恵会医大と京都府立医大の論文は、ディオバンは他の高血圧治療薬と比べ、脳卒中や狭心症を防ぐ効果が高いと結論づけた。しかし昨春、これらの論文作成をめぐり、同社元社員の関与が発覚。京都府立医大、慈恵会医大、滋賀医大は、論文に不正や不適切なデータ操作があったとの調査結果を公表した。

  • ディオバンに関する論文不正問題(2014年02月20日 朝刊)

    ディオバンは、ノバルティスが2000年から国内で販売する高血圧治療薬。02〜10年に京都府立医大、東京慈恵会医大、滋賀医大、千葉大、名古屋大の計5大学が臨床研究を実施。京都府立医大と慈恵会医大の論文は、ディオバンが他の高血圧治療薬より、脳卒中や狭心症を防ぐ効果が高いと結論づけた。だが昨春、これらの論文作成で、ノバルティス元社員の関与が発覚。京都府立医大、慈恵会医大、滋賀医大は、論文に不正や不適切なデータ操作があったとの調査結果を公表した。

  • ディオバン研究不正問題(2016年12月15日 朝刊)

    2002年以降、ディオバンの効果を調べる臨床研究を計5大学が実施し、うち京都府立医大と東京慈恵会医大は、ほかの高血圧治療薬よりも脳卒中や狭心症を防ぐ効果が高いとする論文を発表した。データ解析にノバルティス元社員の関与が発覚した。両大学は論文のデータ操作があったとする調査結果を公表。14年7月、東京地検は薬事吠現医薬品医療機器頬違反(虚偽記述・広告)の罪で元社員と同社を起訴した。

最新ニュース

首相動静 8日(2021/5/9)

 菅首相 【午前】東京・赤坂の衆院議員宿舎で過ごす。 【午後】0時1分、東京・西新橋の東京慈恵会医大付属病院。眼科の定期検診。1時23分、公邸。30分、東京大大学院の仲田泰祐准教授、藤井大輔特任講師。…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】「ヤマトは全てが名場面」

    憧れたデスラー演じる山寺宏一

  • 写真

    【&TRAVEL】よみがえる江戸時代の米子城

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&Travel】モデル・はなが行く由布院

    温泉や自然に癒やされる

  • 写真

    【&M】オダギリの姿に震えた永瀬

    軽い会話は出来ない現場

  • 写真

    【&w】旬のイワシを保存食に

    冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    好書好日滝沢カレンさんの空想爆発

    「猛スピードで母は」の世界は

  • 写真

    論座ワクチンの影響度を読む

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン日本の職人技が宿るTシャツ

    キクス ドキュメントの一着

  • 写真

    Aging Gracefullyデュアルライフやリノベ

    働き方に合わせた新しい暮らし

  • 写真

    GLOBE+金正恩氏は絶対独裁者でない

    外交官が語る権力の構図

  • 写真

    sippo「生きたい」「助けたい!」

    諦めない心が瀕死の子猫に奇跡

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ