メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月03日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

東京湾

関連キーワード

  • 東京湾(2009年12月25日 朝刊)

    広義では三浦半島南東端の剱崎(つるぎざき)(神奈川県)と房総半島南西部の洲崎(すのさき)(千葉県)を結ぶ線より北側の海をいう。広さは1400平方キロ。狭義では三浦半島の観音崎(かんのんざき)と房総半島の富津岬(ふっつみさき)を結ぶ線より北を指す(内湾)。湾に注ぐ川の流域人口は2900万人。その生活排水や京浜、京葉工業地帯などからの工場排水が流れ込み、水質汚濁を引き起こしている。一方で年間漁獲量は2万トンに近く、広さが同程度の鹿児島湾の3倍ほどに達する。

  • 東京湾の漁業(2010年03月26日 朝刊)

    湾全体の漁獲量は、1960年に18万7900トンを記録したのをピークに、埋め立てや水質汚染によって激減。2003年は10分の1の1万8500トンだった。漁業就業者数も60年代には2万人を超えていたのが、5800人を数えるだけになっている。(データは東京湾環境情報センターのホームページから)

  • 東京湾アクアライン(2013年11月09日 夕刊)

    建設省(現・国土交通省)が1966年に調査を開始。89年に着工し、97年に完成した。総事業費は1兆4400億円をかけたが、通行料金の高さもあり、通行量は低迷していた。「800円」の財源は当初、国と千葉県が折半して負担していたが、2011年度から千葉県分を15億円に固定。これまでに70億円を負担した。国は負担額を明らかにしていない。1日あたりの通行量は、実験前の08年度が2万800台。引き下げ開始から今年6月までの47カ月の平均は3万4600台で66%増えた。

最新ニュース

写真・図版

東京)のり養殖の発祥の地 大森駅前に記念碑(2020/4/1)有料記事

 食卓に欠かさせない「海苔(のり)」。普及させた養殖技術は江戸時代、東京湾の大森海岸で確立された。発祥の歴史と文化を伝承しようと、東京都大田区の大森本場乾海苔(ほしのり)問屋協同組合(加盟50社)がJ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】人生変えた初めての海外旅行

    写真家・三井昌志さん

  • 写真

    【&TRAVEL】核シェルターが観光名所?!

    あの街の素顔

  • 写真

    【&M】多才な監督と豪華キャスト

    スターの光と影を描く2作品

  • 写真

    【&w】シャツ一枚でもおしゃれに

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日和田誠さんに学んだ仕事術

    一人で出版社・島田潤一郎さん

  • 写真

    論座コロナ危機高める専門家信仰

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンビジネスマン世論調査

    時差出勤の影響を感じますか?

  • 写真

    T JAPAN夏木マリが語る、人生の転機

    仕事、仲間、そして愛の話

  • 写真

    GLOBE+シリコンバレーの学校閉鎖

    デジタルネイティブの対応力

  • 写真

    sippoかゆみも続けば要注意

    犬の“事件”に役立つ応急処置

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ