メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

東京高裁

関連キーワード

  • 袴田事件(2016年04月03日 朝刊)

    1966年6月30日、静岡県清水市(当時)のみそ会社専務の一家4人が殺害、放火され、会社の従業員で元プロボクサーの袴田巌さん(当時30歳)が強盗殺人などの疑いで逮捕、起訴された。袴田さんは裁判で無罪を主張したが、80年に死刑が確定。2度目の再審請求で、静岡地裁が2014年3月27日、再審開始を決定。袴田さんは釈放された。検察側が即時抗告し、東京高裁で再審をめぐる審理が続く。

  • 足利事件とDNA型鑑定(2009年10月20日 朝刊)

    91年に警察庁科学警察研究所がDNA型鑑定を行い、殺害現場の遺留物と菅家さんの型が「一致」。県警は菅家さんを任意同行し、自白を得たとして逮捕した。この鑑定と自白が証拠となって00年に無期懲役が確定したが、弁護団の求めで08年に東京高裁が再鑑定を決定。今年5月、弁護側と検察側の双方が推薦した鑑定人により、いずれも「不一致」となった。東京高裁は6月、検察側推薦の再鑑定だけを根拠に再審開始を決めた。

  • 原爆症認定集団訴訟(2009年08月01日 夕刊)

    原爆症認定を求める被爆者306人が03年4月から17地裁に提訴し、今年5月の東京高裁判決まで国が「18連敗」している。厚労省によると、197人が認定され、医療特別手当(月13万余円)の受給資格を得た。国は昨春から認定基準を一部見直したが、審査待ちのケースが7千件を超えている。このため被爆者5人は今年4月、大阪、名古屋地裁に義務付け訴訟を起こした。

最新ニュース

井上元死刑囚両親、再審請求(2018/10/16)

 地下鉄サリン事件など計10事件で殺人などの罪に問われ、7月に死刑が執行されたオウム真理教元幹部の井上嘉浩・元死刑囚(執行時48)の両親が15日、東京高裁に再審請求した。弁護人が明らかにした。 井上元…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】手軽においしく自宅で焼き鳥

    煙がでないでヘルシーに焼ける

  • 写真

    【&TRAVEL】北アルプスの紅葉見る新名所

    焼きたてパンも楽しめる

  • 写真

    【&M】WEC富士6時間耐久レース

    写真で振り返る

  • 写真

    【&w】adidasのオシャレなRUNギア

    運動のある過ごし方

  • 写真

    好書好日韓国で大ヒット「あめだま」

    絵本作家ペク・ヒナさんにきく

  • 写真

    WEBRONZA拡大するタックス・ギャップ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン超濃厚なのにヘルシースープ

    新感覚の鶏ポタラーメン

  • 写真

    T JAPANチャリティオークション開催

    水晶玉子の個人鑑定も!

  • 写真

    GLOBE+打った、走った…そっち?

    フィンランド生まれのスポーツ

  • 写真

    sippo広がる地域猫活動、模索続く

    猫嫌いな住民へ説明も必要

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ