メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

東京高裁

関連キーワード

  • 袴田事件(2016年04月03日 朝刊)

    1966年6月30日、静岡県清水市(当時)のみそ会社専務の一家4人が殺害、放火され、会社の従業員で元プロボクサーの袴田巌さん(当時30歳)が強盗殺人などの疑いで逮捕、起訴された。袴田さんは裁判で無罪を主張したが、80年に死刑が確定。2度目の再審請求で、静岡地裁が2014年3月27日、再審開始を決定。袴田さんは釈放された。検察側が即時抗告し、東京高裁で再審をめぐる審理が続く。

  • 足利事件とDNA型鑑定(2009年10月20日 朝刊)

    91年に警察庁科学警察研究所がDNA型鑑定を行い、殺害現場の遺留物と菅家さんの型が「一致」。県警は菅家さんを任意同行し、自白を得たとして逮捕した。この鑑定と自白が証拠となって00年に無期懲役が確定したが、弁護団の求めで08年に東京高裁が再鑑定を決定。今年5月、弁護側と検察側の双方が推薦した鑑定人により、いずれも「不一致」となった。東京高裁は6月、検察側推薦の再鑑定だけを根拠に再審開始を決めた。

  • 原爆症認定集団訴訟(2009年08月01日 夕刊)

    原爆症認定を求める被爆者306人が03年4月から17地裁に提訴し、今年5月の東京高裁判決まで国が「18連敗」している。厚労省によると、197人が認定され、医療特別手当(月13万余円)の受給資格を得た。国は昨春から認定基準を一部見直したが、審査待ちのケースが7千件を超えている。このため被爆者5人は今年4月、大阪、名古屋地裁に義務付け訴訟を起こした。

最新ニュース

名誉棄損、二審もテレ朝に賠償命令(2018/7/13)

 「放火犯と決めつける報道で名誉を傷つけられた」として、埼玉県久喜市の元住職の男性の遺族がテレビ朝日に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が12日、東京高裁であった。中西茂裁判長は名誉毀損(きそん)を認め…[続きを読む]

!

朝日新聞デジタルヘッドラインの誤送信について

!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】お酒でアイスも!

    予冷いらずのアイスメーカー

  • 写真

    【&TRAVEL】歴史感じるニュルンベルク

    ドイツ・ロマンチック街道

  • 写真

    【&M】イタリア女性水着のトレンド

    ワンピース型が復活の兆し?

  • 写真

    【&w】国際サウナ学会・最新報告

    はじめてのサウナ

  • 写真

    好書好日ももクロ10周年記念本

    担当編集者が込めた思い

  • 写真

    WEBRONZA競技復帰、高橋大輔に期待!

    ルール改正、最高のタイミング

  • 写真

    アエラスタイルマガジンジュラシックシリーズ最新作

    恐竜をめぐる重厚な人間ドラマ

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第22回

  • 写真

    GLOBE+ロヒンギャの友と私の15年

    ミャンマーの故郷を訪ねる夢は

  • 写真

    sippo出入り自由、自然体の猫

    アイヌ工芸作家を見守る

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ