メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月03日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

東北道

関連キーワード

  • 北関東道(2010年03月05日 朝刊)

    群馬、栃木、茨城3県を横断する全長135キロの自動車専用道。総工費は7420億円。関越道につながる群馬県の高崎ジャンクション(JCT)からいったん東北道を経由し、茨城県の水戸南ICまでを結ぶ。全線開通は2011年度の予定。来月17日、佐野田沼IC—岩舟JCT間が開通。未開通の区間は太田桐生IC—佐野田沼IC間だけとなる。

  • 首都圏中央連絡道(圏央道)(2009年06月19日 朝刊)

    横浜市—千葉県木更津市間の約300キロを環状に結ぶ計画の道路。すでに中央道と関越道に接続し、埼玉県内では国道16号の外側で、入間市—川島町間が開通した。来年3月には桶川ジャンクション(JCT)までつながる予定。10年度には東北道と接続する久喜白岡JCT—菖蒲白岡IC間が部分開通し、さらに2年後には同JCT以東と、同IC—桶川JCT間が開通する計画。

  • あぶくま高原道路(2009年10月27日 朝刊)

    正式名称は「福島空港・あぶくま南道路」。東北道の矢吹インターチェンジ(IC)から福島空港ICを経由して磐越道の小野ICを結ぶ、約36キロの自動車専用道路。94年度に事業着手、8月に石川母畑ICまで開通、10年度に全線開通を目指す。通行量の当初目標は1日当たり3400台だったが、今のところ600〜700台にとどまる。「あぶくま」は高速道路を補完するネットワークとして整備が進む地域高規格道路のひとつ。全国7千キロが目標だが、有料道路として造られた10区間のうち8区間が赤字だ。

最新ニュース

写真・図版

仙台圏沿岸部が物流拠点に変貌 復興で進む一極集中(2021/2/28)

 東日本大震災で津波被害を受けた宮城県仙台、名取、岩沼各市の沿岸部が、物流を中心とした産業集積地に姿を変えつつある。仙台港や仙台空港に隣接し、復興事業で拡充された道路網で東北各地との時間距離が短縮。集…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】YOASOBIインタビュー

    クリエーティブの源泉を探る

  • 写真

    【&TRAVEL】気軽で優雅な旅へ

    ルーズへの招待状

  • 写真

    【&TRAVEL】花街のセンスゆったり再発見

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】門脇麦×岨手監督に聞く

    映画『あのこは貴族』

  • 写真

    【&w】母の願いが叶えられない

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日滝沢カレンの物語の一歩先へ

    多和田葉子の芥川賞作を超解釈

  • 写真

    論座ミャンマー、催涙弾の異臭

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンコンプレックスを払拭する

    ビジネスパーソンの開運美容

  • 写真

    Aging Gracefully“風の時代”の幸運のカギ

    新たな時代へのアドバイス

  • 写真

    GLOBE+マスク着けてても顔認証OK

    プライバシーとの兼ね合いは

  • 写真

    sippo毛皮の作り方、知ってますか

    狭いケージで一生終える動物達

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ