メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月07日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

東山動植物園

関連キーワード

  • 東山動植物園(2017年03月22日 朝刊)

    1937年3月24日に動物園が開園。68年に隣接する植物園と一緒になった。動物園は43年には、「東洋一」の291種動物を飼育した。20年前には魚を除いて357種に増えたが、年々減少傾向で、現在は293種(昨年12月末)。戦争で45年に休園。生き残ったアジアゾウ2頭をひと目見ようと、「ぞう列車」で全国から子どもが来園した話は絵本などになった。84年には日本で初めてコアラが来園。多摩動物公園(東京都)や平川動物公園(鹿児島市)と同時に飼育を始めた。入園者数は10年度以降、上野動物園に次いで2番目に多い。鳥インフルエンザ発生で、16年12月から今年1月まで約1カ月間休園した。

  • 東山動植物園の鳥インフルエンザ(2017年12月15日 夕刊)

    昨年11、12月に、園内の胡蝶池や古代池で飼育されていたコクチョウやシジュウカラガン、マガモなどが高病原性鳥インフルエンザ(H5N6亜型)に感染して8羽が死に、ほかにマガモとヒドリガモが1羽ずつ安楽死させられた。防疫措置のため、12月11日〜今年1月12日の約1カ月間、動物園エリアが休園になった。

  • 主な公立動物園の入園者数と入園料(2020年06月14日 朝刊)

    調査会社総合ユニコム(東京)によると、2018年度の入園者数は、上野動物園(約496万人)、東山動植物園(約254万人)、天王寺動物園(約168万人)、旭山動物園(約137万人)の順だった。近年は、いしかわ動物園や円山動物園のように上野動物園より高い入園料を設定するところも出てきた。

最新ニュース

写真・図版

逃走中のサーバルキャット、生態は? 3mのジャンプも(2020/7/1)会員記事

 ネコ科の肉食動物「サーバルキャット」が静岡市葵区の飼育施設から逃げ出した。発表から一夜明けた6月30日、市の担当者らは終日、対応に追われた。サーバルキャットとは、どんな動物で、どのように捜索している…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ