メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

東洋大

関連キーワード

  • インターネット出願(2013年11月25日 朝刊)

    システムの構築、運営を手がけるKEIアドバンス(東京)によると、東京、大阪、名古屋の私立大を中心に70〜80大学が導入ずみ。大学全体の1割程度にあたり、増加傾向という。ネット出願すれば受験料が割引になる場合が多く、大学側が受験者数を確保する手段という一面もある。14年度入試では、近畿大(大阪府東大阪市)、東洋大(東京都文京区)、中京大(名古屋市昭和区)が紙の願書をやめてネット出願に完全移行する。

  • 御嶽海(2015年12月30日 朝刊)

    1992年12月25日生まれ。上松小1年の時、木曽少年相撲クラブで相撲を始めた。木曽町の福島中、木曽青峰高を卒業。東洋大4年の昨年、学生横綱とアマ横綱に。今年2月に出羽海部屋に入門し、春場所で初土俵。長野県出身力士では大鷲以来47年ぶりの新十両となった名古屋場所で11勝4敗で優勝し、続く秋場所は12勝3敗。所要4場所で入幕を果たし、西前頭11枚目で臨んだ九州場所は8勝7敗だった。

  • 山の神(2011年06月06日 朝刊)

    箱根駅伝の山登り区間の5区で、並外れた走力を見せた選手の異名。2005年から3年連続で区間記録を更新して区間賞を獲得した順大の今井正人選手の活躍をたたえ、メディアが名付けたのが最初。現在の区間記録保持者で、09年から3年連続で区間賞を獲得している東洋大4年の柏原竜二選手(福島県いわき市出身)は「新・山の神」と呼ばれる。

最新ニュース

写真・図版

城山・橋岡、走り幅跳び日本新 陸上のアスリート・ナイト・ゲームズ・イン福井(2019/8/18)有料記事

 17日、福井県営陸上競技場であり、男子走り幅跳びで城山正太郎(ゼンリン)が8メートル40の日本新記録を樹立して優勝した。2位の橋岡優輝(日大)も8メートル32を跳び、1992年に森長正樹(日大)がつ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ